ぶろぐ背景20140519 no
わんころ玩具堂! ・食玩レビュー全般
日々玩具に囲まれて生きる、特撮などのヒーローが大好きな一人の男のブログ。週二~毎日、自由気ままに更新中!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





「乗車完了!トッキュウオー!!」

どうも、わんこです。

さて、お待たせしました! 今日はいよいよ食玩のファイティングアクションロボ 乗車完了!!トッキュウオーのレビューです!
グラビティビルダー以来、久々の食玩レビュー! 
はりきって、いってみよー!



トッキュウオー食玩01
『毎度ご乗車ありがとうございます! トッキュウオー、完成いたします!!』

現在放映中の「烈車戦隊トッキュウジャー」より、トッキュウジャーが乗り込むロボ、トッキュウオーの可動重視フィギュアが、食玩にてリリースされました!
ファイティングアクションロボ 乗車完了!!トッキュウオー。
発売日は4月23日、価格は780円ほど。
食玩なので、どちらもわりと前後します。

↓↓
続きはこちらをクリック!


スポンサーサイト

グラビティコンバイン!

どうも、杏光です。

さて今日は、二日前の続きでグラビティビルダーをレビューしますね。



グラビティビルダー27
五台のマシン(前回参照)が、一台のロボに合体!


グラビティビルダー28
グラビティビルダー29
グラビティビルダー30
まずは四肢をドッキングします。


グラビティビルダー31
そして股関節部分にショベルのスカートとクレーンの後部パーツをドッキング。
強化外装というか、要するにアーマーですね。



グラビティビルダー32
さらにドリルのディスプレイ部にドーザーのサイドガードを合体し、それを胸部にパワーオン!


グラビティビルダー33
完成! グラビティビルダー!
スマートだった前回の「マグナムポリス」とは違い、かなりごっつい体形になりました。
太い腕に太い足、なのにボディバランスも良好と、びっくりするぐらいよくまとまっています。


グラビティビルダー34
さらに可動範囲は前回とほぼ変わらず、むしろジョイントが大きい分動かしやすくなっています。
あと、割と足が長いせいか、プロボーションはわりと崩れません。


グラビティビルダー35
余剰パーツを組み合わせて、専用武器「ドリルライフル」が完成します。
公式の名前がまんまなのは、まあこういう玩具なら当たり前ですね。


グラビティビルダー36
装備してみる。
ドーザーのバケットパーツがマカジンになるという斬新なアイディアがいいですね。


グラビティビルダー37
「カラミティデモリッション!」

ドリルライフルからドリルが単体発射し、空気中で巨大化!……みたいな俺設定で、必殺技っぽく。
やっぱりダン戦のエフェパは万能ですね。


グラビティビルダー38
そして、余剰パーツを分離し、各ビークル強化タイプへと変化!


グラビティビルダー39
まずはドリル強化モード。
ドーザーパーツを背中に逃がし、胸部の両サイドを変更。


グラビティビルダー40
ドリル強化タイプの全体図。
バックパックの巨大化と細長い頭部の影響で、なんか肩幅が広がったような気がします。


グラビティビルダー41
クレーン強化タイプはアームの一部が頭部となり、フックが胸部となります。
さらに肩にキャノン砲をセット。


グラビティビルダー42
クレーン強化タイプの全体図。
頭部の横広がりと肩のキャノンのせいか、今度はすこし細身になったようにもみえなくもない……?


グラビティビルダー43
そしてこちらはドーザー強化タイプ。
こちらは例外的な処置をとっていて、ドーザーからキャタピラを分離してから胸部に取り付けます。


グラビティビルダー44
全体図。
こちらはドリルタイプとは違って、全体的に上半身が大きくなったように見えますね。


グラビティビルダー45
ドーザー強化タイプは、サイドガードのみを左右分割で装着。
ついでに、強化タイプでは唯一の「バイザーではない」頭部で、しかもヒゲのモールドがあります。


グラビティビルダー46
全体図。
ヒゲフェイスというのが意外性があっていいなーとは思っていましたが、胸部パーツが筋肉にも見え、どちらかというか「ロボット」というより「マッチョなサイボーグ」と割り切ってしまった方がいいようにも思えてきますね。
まさに頼れる親方、といった感じでしょうか。

ちなみに、これは強化タイプに共通して言えることですが、どの形態にも余剰パーツが余ってしまいます。
俺は前回それも無理やりくっつけてレビューしましたが、本家のイメージを損なわないために、今回はあえてそれを省きます。


グラビティビルダー47
さてまずノーマルタイプに戻してから、こちらは手足のビークルを入れ替えた状態。
肩幅が余計に広くなっていますが、その分手足が細く、建機なのにスマートという面白い状態になります。
前回と違って手足を入れ替えるだけでここまでイメージが変わる、というところに工夫を感じます。
流石バンダイ。子供向けのはずなのにモロいしシール張りにくいしな玩具を作るどこかの「○カラ○ミー」とは違いますね。無駄にポピーと統合したわけではないんですよね。


グラビティビルダー48
オマケ。
折角建機(というより重機)モチーフなので、ビークルの特徴を生かした両腕にしてみたモード。
ノーマルのビルダーと区別するため、こちらは「ビークルアームモード」とでもいいましょうかね。
つまりこの状態は、「グラビティビルダー・ドリル&クレーンアーム」


グラビティビルダー49
こちらは手足を入れ替えてからビークルアームに変更した、「グラビティビルダー・ショベル&ドーザーアーム」
手足を入れ替えるとスマートになるからか、こちらはさほどかっこよくないですね。





ふぃ。今日は以上です。
次回は前回との比較やその合体など、オマケのようなものをやりたいと思います。


では、あでゅ~




各車両、至急現場に急行せよ!

こちゃー、あんこです。
では今日は久しぶりに「食玩レビュー」をしますね。
今回レビューするのは、こちら!




グラビティビルダー01
「各車両、至急現場に急行せよ!」
今コマーシャルも活発な、「マシンロボNEXT グラビティビルダー」です。
とりあえず今日は01~05の単体レビューをしますね。


グラビティビルダー02
まずは一番、シリーズ唯一の人型である「ビルダーロイド」。
武器であるツルハシが付属します。


グラビティビルダー03
前回のポリスロイドとは似ても似つかぬ筋肉質な体系ですが、とりあえず肩の開き以外の可動ジョイントは健在。


グラビティビルダー04
ちなみに武器のツルハシは、不要であれば背中のジョイントに差しておくこともできます。
ここにはコアモードの頭部も収納されています。このへんはポリスロイドと変わらず。


グラビティビルダー05
合体時の変形。
パーツをバラバラにしてからこの配置で合体。


グラビティビルダー06
コアモード。
前回とは違ってノーマル頭部は肩アーマーの空洞に収納されるので、背中と付け替える必要はありません。



グラビティビルダー07
続いて二番は、掘削用のドリルマシン、「グラビティドリル」です。
流線型のラインが美しい。


グラビティビルダー08
二番から五番のビークルは、それぞれ合体時の四肢を形成します。
その中でもグラビティドリルは右腕を構成。
まずはパーツを分離し、この配置で合体。


グラビティビルダー09
グラビティドリル アームモード。
豪腕です。豪腕。
しかも肘から先がホイールになっているので、クリューパンチなどの技が出せそうで面白いです。


グラビティビルダー10
ほかに、オリジナル合体用の布石として、レッグモードにもできます。
パーツを分離、配置、再合体。


グラビティビルダー11
レッグモード。
こちらはアームモードとは違い、比較的スマートな足となっています。
まあ、全体的に太いんですが……。



グラビティビルダー12
三番は、建機といえばはずせないクレーン車、「グラビティクレーン」。
ラダーの伸縮は勿論ありませんが、回転と展開が可能です。


グラビティビルダー13
グラビティクレーンは、合体時には左腕を形成します。
パーツを分離、配置、再合体。
……ああ、言い忘れていましたが、余剰パーツはちゃんと合体後に使用されますよ。


グラビティビルダー14
グラビティクレーン アームモード。
こちらも豪腕っちゃあ豪腕ですが……なんかシルエットが謎。


グラビティビルダー15
さらにオリジナル用の布石(以下略


グラビティビルダー16
レッグモード。
やはりこちらもきちんとまとまっています。



グラビティビルダー17
続いて四番は、建機というよりは重機な気がするショベルカー、「グラビティショベル」。
アーム基部の回転と展開の他、なんとキャタピラやバケットまで可動します。


グラビティビルダー18
グラビティショベルは合体時に右足を構成します。
なので先にレッグモードを紹介。
パーツを分(以下略


グラビティビルダー19
レッグモード。
こちらは先の二機とは違い、横幅のある足となっています。


グラビティビルダー20
グラビティビルダー21
そしてこちらがオリジナル用のアームモード。
肩のアーマーが大きい割に、割と細めの腕が目立ちます。



グラビティビルダー22
最後にこちらも「おいこれ重機だろ」なドーザー車、「グラビティドーザー」です。
バケットが可動するほか、若干ながらコックピット上の照明機をまわすことも。


グラビティビルダー23
グラビティビルダー24
こちらは組み換えで左足になります。
レッグモードはショベルと同じ、幅のある足。


グラビティビルダー25
グラビティビルダー26
そしてこちらがアームモード。
やはりドーザーと同等のつくりになっています。


グラビティビルダー27
さてさて、では次は、恒例の五体合体!
……は、また次回。




あでゅ~




よく考えたらパトカーとバイクが同スケールってのはおかしい。

こちゃー。杏光です。
今日は予定通り、マグナムポリスの最終回をやりますねー。




マグナムポリス57
五体合体マグナムポリス。
所有武器は警棒とライフル銃。胸部の警察マークが大胆にカッコイイですね。

ちなみに合体以前のレビューは、前回と前々回を参照。


マグナムポリス58
マグナムポリス59
ジョイントパーツを無駄なく使いこなした大胆な可動が出来ます。
死滅する部分もありますが、それもパーツの付け替えでカバー可能。
下手なアクションフィギュアより可動範囲は広いかも……。
全箇所180度が限界ですがね。


マグナムポリス60
さらに、今回の「マシンロボNEXT」の最大の特徴として、胸部と頭部を合計五種類から選べます。
武器とバックパーツは分離しますがね。


マグナムポリス61
頭部はそれぞれ単体に一つずつ付いてきます。
左から順に、ホイールフェイス、パトカーフェイス、デフォルトフェイス、ソニックフェイス、ジャイロフェイス。
なお、公式合体では頭部と胸部意外は余剰となりますが、それでは面白くないので、ここでは公式のフェイスチェンジタイプに、俺が勝手に余剰パーツを合体させたものを紹介します。


マグナムポリス62
まずはパトカーフェイス。
頑丈さがにじみ出る、デフォルトフェイスが後手タイプになったようなものになっています。


マグナムポリス63
マグナムポリス・パトカー強化タイプ。
顔のイメージを意識して、ガードを固めました。
余剰パーツで作った武器は、スナイパーライフルをかたどっています。

マグナムポリス64
ライフル発射! みたいな。
銃身の右側にスコープがあるのが分かりますよね。


マグナムポリス65
「狙い打つぜッ!」
戦線では、遥か後方から敵を狙うウイングバック的ポジに付く事になるでしょうね。


マグナムポリス66
続いてソニックフェイス。
ゴーグルにマスクという、今にも飛び出しそうなスマートなお顔です。


マグナムポリス67
マグナムポリス・ソニック強化タイプ。
顔のイメージにそって、空中戦用にパーツを組みました。


マグナムポリス68
肩に付いたウイングパーツで宙を舞い、手にした二丁拳銃を乱射!
ポジは……センターガードかウイングバックですかね。


マグナムポリス69
こちらはホイールフェイス。
こちらもゴーグルとマスクの組み合わせですが、頭の形で差別化を図っています。


マグナムポリス70
マグナムポリス・ホイール強化タイプ。
あえて余剰パーツの殆どをバックにまわし、手持ち武器のない格闘型にしました。
背中の警棒部品(ジャイロのプロペラ)は、格闘キャラがよくもつ「マフラー」を意識。


マグナムポリス71
得意技は回し蹴り!
ポジは……フロントアタッカーかサイドウイングでしょうねぇ。


マグナムポリス72
最後にジャイロフェイス。
目とマスクで、どことなくどっしりとしたイメージ。


マグナムポリス75
マグナムポリス・ジャイロ強化タイプ。
ホイール強化とは対照的に、その余剰パーツの殆どを武器にしました。
大型の杖にしたかったんですが、ちょっとハンマーっぽいかも……。


マグナムポリス74
武器の杖はタイヤが前を向いているので、そこから竜巻を起こす的な。
フルバックかウイングバックですね。ポジは。




以上、「マシンロボNEXT マグナムポリス」でした。

「エヴォルバイン」シリーズも終わって、もうムゲンバインは出ないのかと思っていたら、まさかの「マシンロボ」としての復活に驚かされました。
今回は単体でのプレイバリューは少ないものの、五種類集めた途端に、一週間は飽きないだろうというほどのプレイバリューに包まれた物となりました。
もう一通り買おうかな……。
似たようなパーツが増えて単体同士の合体にも幅がでたし、これはとてもいいものだと思います。
ってかもう絶対買えwwwwwwwww




というわけで、今日はここまで。
ご観覧ありがとみゅ。明日もあんこに期待してなぁ~。




正義は勝ァつ!

どうも、杏光です。
この二日間更新しなかったのは、疲労のせいです。はい。
なんで帰宅部の男子高校生が、真冬に三十キロも走らにゃならんのだ……。


とまあ、グチっても仕方ないので。
今日はちゃんと更新しますね。

とりま前回の続き、「マシンロボNEXT マグナムポリス」のレビューを。



前回はマグナムソニックまでしか更新しなかったので、今回はホイールのレビューから。

マグナムポリス30
「04 マグナムホイール」。
警察ロボといえばパトカーの次に重要な「バイク形」ですね。
解説書(というより裏箱)には「※自立しません」と書いてありますが、根気よく関節を弄れば自立させられます。
五体合体「マグナムポリス」では、主に右足を構成。


マグナムポリス31
可動範囲としては、ハンドルと前輪を曲げられます。
ちなみに、設定ではポリスロイドの相棒なんだとか。自動操縦は勿論の事、状況に応じてポリスロイドとのバツグンのコミュニケーションを見せるらしいです。

マグナムポリス32
マグナムポリス33
では、レッグORアームモードへと変形合体。
まずは恒例の、分解と分別の作業をします。


マグナムポリス34
写真のように配置して、合体!


マグナムポリス36
マグナムポリス・レッグモード。
パトカーやソニックのレッグモードとほぼ同じですが、カラーリングによる差別化を図っています。


マグナムポリス35
同じパーツの組み換えで、アームモードへと変形。
このばあい、バイクのシートパーツは余剰となります。


マグナムポリス37
最後に、「05 マグナムジャイロ」を紹介。
警察モチーフだけあって、合体系のビークルでは好みが二極端になる「ヘリコプター」をあえて持ってきているところがいいですね。
「マグナムポリス」時は左足を主に形成。


マグナムポリス38
プロペラは勿論、機尾や本体下が可動。


マグナムポリス39
ではこちらも、合体用モードへと変形合体。
やり方は変わらないので、説明はどんと省きます。


マグナムポリス40
マグナムポリス41
マグナムポリス42
マグナムジャイロ・レッグモード。
かかとに機尾パーツが来ているおかげで、ある程度の角度をつけても安定して自立します。


マグナムポリス43
機尾パーツのみハブって、組み換えでアームズモード。
ちなみに合体用の形態は、パトカーとソニックのベースカラーが白なのに対して、ホイールとジャイロのベースカラーは黒となります。




では皆さん<お待ちかね、ここいらで五体合体のレビューに移ります!

マグナムポリス44
ホイールとジャイロをレッグモードへと変形しておき、そこにジャイロのサイレンパーツと、ソニックのビーム銃口を用意します。


マグナムポリス45
ポリスロイドはコアモードにしておき、ジャイロの尾翼とホイールのフロントパーツ、さらにソニックの主翼を用意。


マグナムポリス46
以上を次のように合体させて、それぞれ待機させます。


マグナムポリス47
そして、コアモードのロイド下に、ホイールとジャイロをそれぞれ合体。
角度をつけて、自立させます。


マグナムポリス48
マグナムポリス49
アームズモードとなったパトカーとソニックを、ロイドの両端に合体。
段々とシルエットが見えてきました。


マグナムポリス50
マグナムポリス51
余剰となっていたパーツを写真のように組み合わせて、パックパックを作成。
ロイドの背中に取り付けます。


マグナムポリス52
マグナムポリス53
残った余剰パーツで武器を作ります。
上がライフル銃、下は棒状の武器(警察モチーフだから、警棒なのかな?)となります。


マグナムポリス54
マグナムポリス55
ライフルを右手、警棒を左手に装備します。
逆も出来ますが、デフォルトはこっちです。


マグナムポリス56
頭部にサイレンパーツをつけて、合体完了!!


マグナムポリス57
完成!マグナムポリス!!
完成と書いて「ビルドアップ」と読む←ウソ

個々のマシンそのものが、同じ基部パーツを別のアクセントで組んだ物だったので、その合体も比較的安定したプロポーションとなっています。
無駄なこだわりのないシンプルなデザインで、なおかつこのかっこよさ。
足が長めなのも、このロボの特徴ですかね。おかげでライフルが普通の大きさに見えます。
そうなると、ちょっと警棒が小さいような気がしないでもないですが……。





ふぅ。今日はここまで。

ああもちろん、まだ今日だけでは終わりませんので、安心してください。
次回は可動範囲やらオリジナル合体やら、別の商品や関連商品との組み合わせやらを公開します。



では、今日はこれにて。
あでゅ~ノシ




約束は守る男だぜ!

どうも、杏光です。

さてさて! 今日は予告どおり「マグナムポリス」のレビューをします!



マグナムポリス01
マシンロボNEXT マグナムポリス
近年は「ムゲンバインシリーズ」として有名だったバンダイの食玩が、当初のタイトル「マシンロボ」として再臨!
五体合体機能は勿論のこと、四種類の亜種合体などのオリジナル要素を大いに持った、まさに無限の遊び方を持つ食玩が、今月10日にリリースされました!
デカレンジャーロボを髣髴とさせるデザインがまたイイですね。

今回紹介するのは、「01 ポリスロイド」「02 マグナムパトカー」「03 マグナムソニック」の三種です。
04と05、五体合体は次回紹介予定。


マグナムポリス02
「01 ポリスロイド」。
五機の中で唯一の人型マシンです。
それ故に単体でのプレイバリューは少ないですが、「マシンロボシリーズ」「ムゲンバインシリーズ」では常に中核として扱われてきた大事な存在です。
五体合体の「マグナムポリス」では、主に胴体部分を構成。


マグナムポリス04
可動範囲は最低限で、肩をひらいたり回したり、あとは股関節が前後と、頭部が360度です。
前回の人型「サンダーロイド」と比べると、かなり劣化したような印象を受けます。
が、その分、近年の人型としては、大きさはかなりのもの。


マグナムポリス05
ジョイントによっては、膝を曲げたように見せることも出来ます。
ジャスティスフラッシャー!!
……違うか。
ちなみに手に持っている拳銃パーツは、右手にも持たせられます。


マグナムポリス06
マグナムポリス07
では、ロボ合体用の「コアモード」への変形。
モード名の通り、サンダーロイドと同じように、ロボの胴体部分を構成します。

マグナムポリス08
マグナムポリス09
マグナムポリス10
まずはロイドの胴体パーツから、合体用頭部を取り出します。
そして、その開いた隙間にポリスロイドの頭を収納。


マグナムポリス11
その後パーツを写真のような配置で合体!


マグナムポリス12
ポリスロイド・コアモード。
単体人型の胴体がそのままロボの胴体になるパターンは、シリーズでもきわめて珍しいのですが(ボディバランスが悪くなるため)、べつのパーツを摘み重さねることでその問題は解消されています。


マグナムポリス13
02 マグナムパトカー。
スマートなパトカーのボディにバズーカー砲の乗った、珍しいシルエット。
なんとなくパトアーマーに似てますねぇ~。


マグナムポリス14
マシンとしての可動範囲は少なく、せいぜい銃口の向きを変えられる程度。


マグナムポリス15
では、合体用のモードへの変形開始!
今回の「マグナムポリス」シリーズでの一番の見所は、02~05の四肢を形成するメカが、どの位置にも合体できるように出来ていることです。
が、公式合体である「マグナムポリス」への合体では、右腕を形成します。


マグナムポリス16
都合上、変形に使用するパーツと、そうでないパーツに分かれてしまいます。
左側が使用、右が無使用のパーツです。
まあ、無使用といっても余剰ではなく、五体が合体した後に装飾されるのですがね。
それはまた後日。


マグナムポリス17
また、パトカーのみにある変形への前段階として、前輪パーツとリアパーツを合わせて、ブロックのようなパーツを作る必要があります。


マグナムポリス18
合体するとこう。
これで、アームORレッグモードへの変形準備はOK。


マグナムポリス19
使用パーツを写真のように配置して、合体!


マグナムポリス20
マグナムパトカー・アームモード。
写真ではマグナムポリスへの合体用に右腕となっていますが、肩から先の向きを反対にすれば、左腕としても流用できます。


マグナムポリス21
また、分離した状態でさらにフロントパーツを組み合わせ、合体方法を変えることで、レッグモードへの変形が出来ます。


マグナムポリス22
マグナムパトカー・レッグモード。
こちらは公式合体では使いませんが、オリジナル合体への布石として利用できます。


マグナムポリス23
本日最後に、「03 マグナムソニック」。
警察官、パトロールカーと来て、次はまさかの「戦闘機」という……。
まあ、カッコイイから良いんですけどね。
マグナムポリス時は、主に左腕を形成します。

ちなみにこちら、パーツのかみ合い度が高く、殆ど可動しません。
よって、可動範囲の紹介は省きます。


マグナムポリス24
マグナムポリス25
では、合体用の変形!
パトカー同様、使用OR不使用パーツに分かれます。


マグナムポリス26
マグナムポリス27
マグナムソニック・アームズモード。
左肘にシールド状のものがついた、いいかんじの腕になります。


マグナムポリス29
同じパーツの流用で、レッグモード。
こちらも非公式への布石です。




と、まあ。
ホイールとジャイロ、五体合体は次回紹介予定。
その次は、公式アシストからのオリジナル合体の紹介。
こんなかんじで進んでいきます。


では、今日はココまで。
ご観覧ありがとみゅ。明日もあんこに期待してなぁ~。







ゆかりん+能登たん+くぎゅでFEVER!

みなさん、こちゃ!
スケットダンスの初代OPが嫌いなあんこです。


さて。
今日はいよいよ、「ムゲンライトニング」の食玩レビューを終了させます!

今日レビュるのは、五体合体です!
それ以外のレビューはここのリンク部分をクリック。


ムゲンライトニング合体

まずはは合体の準備として、五体をそれぞれスタンバイモード(ビクテスモード)へと変形合体させておきます。

ムゲンライトニング合体②
サンダーセイリュウからサンダーゲンブまでの四体を、卵型の部分以外の余剰(スタンド)パーツと分離します。
さらにそれらのパーツを細かく分離して……
ムゲンライトニング合体③
サンダーセイリュウならこのように、一部のパーツと卵型部分を、配置を変更して再び変形合体。

ほか三体も、同じ用量で再度変形合体。
ムゲンライトニング合体④
ムゲンライトニング合体⑤
ムゲンライトニング合体⑥
それぞれが独立して、四肢を構成していきます。


ムゲンライトニング合体⑦
「サンダーロイド」はコアモード(コアサンダー)へと変形合体させておき、サンダーセイリュウサンダースザクの余剰パーツで胴体を構成させます。

ムゲンライトニング合体⑧
さらに、最後まで余剰だったパーツで、武器である剣を作ります。
このほかにはサンダーゲンブの顔型パーツがまだ残りますが、それは名の通り顔として使います。

これで変形はおわりです。
さああとはいよいよ合体ですよ合体! オトコのロマンですね!

「「「「「いくぞ! 迅雷合体!!」」」」」
ムゲンライトニング合体⑨

ムゲンライトニング合体⑩
五つの部品を合体させたのち、あまっていた顔パーツを合体させます。

ムゲンライトニング合体じゅ一11
最後に剣を腕に持たせれば……

ムゲンライトニング合体完成!
「「「「「合体完了!!」」」」」

ムゲンライトニング
「「「「「完成! ムゲンライトニング!!」」」」」
下に魔法陣(ミッド)のプレートがあるのは、もはやいつもの事。


ムゲンライトニング②
かなりの可動範囲によって、様々なポージングが可能です。
これまでのエヴォルバインの中でも最も間接が多く、今まで不可能だった「肩を開く動き」が若干ながら可能となりました。


しかし、「ムゲンライトニング」の魅力はこんなモンじゃないですよぉ~!
パーツを組み替えることで、んーなんと!
アルティメットドラゴン
龍の様な姿へと進化合体できるのです!
名前は「アルティメットドラゴン」
設定ではこれが最終形態なのですが、じつはただ単にスタンバイモードを直列つなぎにしただけだったり。

アルティメットドラゴン②
しかし、それゆえに長さがハンパない!
とりあえず手元にあったライドブッカーと比較。これでも尾が切れるという……。

アルティメットドラゴン③
こちらもジョイントにより、体をつなぎ目で曲げることが可能です。




ふぅ、こんな感じかな。
一応これで「ムゲンライトニング」の魅力は紹介し尽くしたのですが、まだ俺的真骨頂である「オリジナルバイン(俺流合体)」をまだ紹介してないんですよねぇ。
それがおわってから、今度はシンケンレッドの玩具レビュー、っと。……やりたいこと多すぎてこまるぜぇ~。


↓コメント返信↓
続きはこちらをクリック!





プロフィール

狗衣やなせ

Author:狗衣やなせ
友よ! 私は帰ってきたァ!!

わんこ、サード、わたゆ等と呼ばれます。
アニメとか特撮とかロボとかプラモとか大好きな玩具廃人の大学二年生。
紹介するのは戦隊&ライダー玩具からプラモ、その他アニメ系のほか、これからはガチャ&食玩なども含めて幅広くやっていく予定です。

バンダイ\(^-^)/バンザイ


最近のレビュー

最近行った玩具レビューの紹介コーナーです。画像クリックでジャンプします。

figma長門バナー
figma 長門

【艦隊これくしょん -艦これ-】
ハルヴァードのバナー
RM-01 ハルヴァード

【玩具オリジナル改造品】

UFOマルバナー
オトモ忍シリーズ弐 UFOマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
パオンマルバナー
オトモ忍シリーズ壱 パオンマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
忍者一番刀 バナー
変身忍刀 忍者一番刀

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナー3
DXシュリケン合体シュリケンジン(後編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナーぬ
DXシュリケン合体シュリケンジン(前編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
トライドロン バナー
三段変形DXトライドロン

【仮面ライダードライブ】
ハイパーレッシャテイオー144ばな
烈車合体シリーズ総まとめ

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー2
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(前編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
TK01ドライブS ばなー
TK-01 仮面ライダードライブ タイプスピード

【仮面ライダードライブ】
7817p.jpg
トッキュウレッシャーSP ステルスレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー 特別編】
アカレンジャーバナー
S.H.Figuarts アカレンジャー

【秘密戦隊ゴレンジャー】
その他レッシャーバナー
烈車合体シリーズ 番外編

【烈車戦隊トッキュウジャー】
figma百江なぎさバナー
figma 百江なぎさ

【劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語】
サファリガオー バナー
DX 烈車合体サファリガオー

【烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS!】
超超トッキュウダイオーバナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ビルドダイオー バナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(前編)
【烈車戦隊トッキュウジャー】
しまかぜバナー
figma 島風

【艦隊これくしょん 艦これ】
ねんどろいど 小毬バナー
ねんどろいど 神北小毬

【リトルバスターズ! Refrein】
figma西住みほバナー
figma 西住みほ

【ガールズ&パンツァー】
ポリス&ファイヤーレッシャーばなー
トッキュウレッシャー09 ポリスレッシャー
トッキュウレッシャー10 ファイヤーレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー】


カテゴリー一覧


バナー画像

相互リンク大歓迎!もちろんフリーです! 
↓こちら↓
双葉夏希01ブログバナー


リンクさせてもらってます

リンクさせてもらってる各種ブログ(サイト)。
囲われた部分はそこの分類といいますか。そんなかんじです。

このブログをリンクに追加する


日別観覧者数


QRコード

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。