ぶろぐ背景20140519 no
わんころ玩具堂! ―これは、人類存亡を賭けて戦う、熱き勇者達の物語である!
日々玩具に囲まれて生きる、特撮などのヒーローが大好きな一人の男のブログ。週二~毎日、自由気ままに更新中!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





―これは、人類存亡を賭けて戦う、熱き勇者達の物語である!

どうも、わんこです!

さて、皆さんお待たせしました! いよいよ今日は、先週購入した僕らの勇者王のレビューです!!




D-style 勇者王ガオガイガー01
「成功率なんてのは単なる目安だ。あとは勇気で補えばいい!
ファイナルフュージョン、承認ッ!!」


プラモデルショップ・コトブキヤによって展開される、あらゆるロボットをデフォルメ化したプラモシリーズ「D-style」より、サンライズの98年ロボアニメ「勇者王ガオガイガー」の、そのタイトルを冠する主役機「勇者王ガオガイガー」がリリース!
可動はもちろん、劇中にかなり近い変形合体が可能というバケモノプラモです!!
定価は2625円。

あ、ちなみに俺はプラモに塗装なんてできるほど起用じゃないので、今回紹介するのは未塗装モデルとなります。
「未塗装でも十分な見栄えになるのが、最近のプラモのウリの一つでもあるな~」みたいな観点で見ていただければ幸いです

↓では、クリックして続きにお進みください!↓



D-style 勇者王ガオガイガー02
D-style 勇者王ガオガイガー03
セット内容。
上はギャレオンと各ガオーマシン、下は変形や合体、劇中再現に必要なパーツです。
詳しく言うと、ガイガー頭部、ガオガイガー用メット&フェイスカバー、ディバイディングドライバー、ガオガイガー用ギャレオンヘッド延長パーツ、交換用手パーツ(左右の拳、防御再現用左手、必殺技再現用指組み手)。

今回は、「上写真の四体の紹介」→「ファイナルフュージョン(合体)」→「ガオガイガーの紹介」の順にレビューします。
パーツ類の解説は使用する各所にて。


D-style 勇者王ガオガイガー04
まずは「ギャーレォーォォオオン!!」
ガオガイガーのテクノロジーの起源でもあり、単体変形でロボになる上にガオガイガー時のコアでもある、作品上の「三人目の主人公」と言っても過言ではない存在。
劇中では唯一の「未知なるテクノロジーによる自立型メカ」で、物語上のさまざまな謎の鍵を握る存在でもありました。
ちなみに、間違っても「ガレオン」ではないので注意です。

劇中と比べるととても小柄なので、なんかライオンというよりは猫(?)って感じがします。
こう言ってはアレだけど、小柄な上に足が小さいからか、どことなくチープトイ臭がする…。
四肢がある程度可動し、顎が開閉します。


D-style 勇者王ガオガイガー05
パーツ差し替えで(後部タテガミと尾を外し、変形して頭部を装着)、ガイガーへと変形できます。
主人公・ガイとギャレオンが一体化した姿であるガイガー。俊敏な動きで戦う姿が印象的でしたが、中盤移行はあまり単体での活躍はみられず、単なるガオガイガーへの布石と化していきます。

もともと細身の体系であるガイガーは、デフォルメ化したことで劇中とはだいぶ印象が変わって見えます。
三頭身(?)で手足が細くても、ぜんぜんかわいく見えないし、むしろカッコよく見えるのがミソですね。
ちなみに目はクリアオレンジ、額のGストーンはクリアグリーンのパーツでできています。


D-style 勇者王ガオガイガー06
可動範囲としては、腕は回転と微妙な開きが可能で、肘は45度くらいまで曲げられます。
腰は回転、股関節は開きますが、ギャレオンのバーニア(=ガオガイガー股関節部分)のアーマーが干渉し、正直見た目や関節の数にだまされる感があります。
まあそもそもデフォルメな時点であんま印象かわんないし、こんだけ動けば上々ですけどね。


D-style 勇者王ガオガイガー09
続いてこちらは、ガオーマシンの一機「ドリルガオー」。
その名のとおりドリル戦車で、前方に左右二つのドリルがあります。

デフォルメされたおかげでだいぶ小さくなり、合体後が基本で作られたためか、足となる本体後部が収納しきれないので、単体で見ると他に比べて一番見劣りします。
ただ、それでもドリルだけはむしろ「デフォルメしたにしては大きいな…」ってぐらいあり、劇中とは違った意味で「迫力がある」マシンとなっています。


D-style 勇者王ガオガイガー10
後部のジョイントで、ガイガーに装備可能。
ただ、ジョイントが少しもろく、ドリルを地に付けた状態しか再現できません。個体差あるかもですが。


D-style 勇者王ガオガイガー07
続いてこちらが「ライナーガオー」。
500系新幹線を模していて、シリーズ唯一の「実在機がモチーフ」のマシンです。
ただ、同時に唯一ガイガーとの装備形態がないマシンでもあるくせに、合体時の必殺技の負担がもっとも大きくかかるマシンなので、よく言えば「縁の下の力持ち」、悪く言えば「陰の苦労人」でもあるんです。

デフォルメされたことで、ちょっとかわいくなったような……。
それでも新幹線に見えるんだからすごいですよね。
ちなみに外装パーツはすべて塗装済みで、ランナーではなくポリ袋に入れて梱包してありました。


D-style 勇者王ガオガイガー08
合体後のジョイントをうまく利用すれば、こんなふうに「カーブを走るシーン」の再現ができます。
…あれ? 劇中では二両編成だったかな? 


D-style 勇者王ガオガイガー11
そしてこちらは「ステルスガオー」。
ガオーマシン唯一の空戦機で、同時に、AIか遠隔操作が基本だったガオーマシンの中で、最も多くの人に操縦されたマシンでもあり、唯一中盤で強化改造されたガオーマシンでもありました。
要するに、一番の待遇機ですね。


D-style 勇者王ガオガイガー12
翼の赤いラインとGGG(スリージー)マークは、プラスチック玩具には一番なじみ深い「タンポ印刷」がされています。
その都合か、こちらもランナーではなく、単体でポリ袋に梱包されていました。


D-style 勇者王ガオガイガー13
ガイガーの背中にドッキングすることで、装備モードに。
ガイガーに長距離飛行能力を付加させます。
序盤の移動基地の一つである「三段飛行甲板空母」からは、主にこの状態で出撃していました。


D-style 勇者王ガオガイガー14
ドリル&ステルス装備形態。
飛行速度が上記に劣る分、防御力が向上するらしいです。
…防御力?物理的な攻撃力じゃないの? と思いましたが、どうやらそもそもドリルガオーに防御機構があるらしいです。


D-style 勇者王ガオガイガー15
そして余剰となるライナーガオー。
合体後の負荷のことを考えると、あえて装備機能を無いものにしたのかもしれません。
単純に、実在モチーフのメカを装備する案がなかったか、著作権か何かの所謂「大人の都合」でダメだっただけにも思えますが。
足に合体して滑るように走れる! とかがあれば、別パターンの全合体ができるわけで、それはそれでよかったような気もするんですけどねぇ。


さて、それではいよいよ、三台のガオーマシンとガイガーが合体します!!
なるたけ劇中再現にしたかったので、合体の順番はそっちに依存し、アングルもそうしています。


D-style 勇者王ガオガイガー16
「ファイナルッ、フュージョーォォォオオン!!」
可動範囲的にこれぐらいが精一杯。
♪ちゃ~んちゃちゃっちゃっちゃ~ちゃちゃちゃ~♪←合体時BGM

D-style 勇者王ガオガイガー17
ボシュゥゥウウウ!!←EMT粒子(合体妨害を阻止する粒子)を噴射する音。
何の偶然か、もともとギャレオンの尾パーツが、バンダイの「魂STAGE」のジョイントと同系統なので、差し込んで空中に固定することができるのです。


↓以下、ガオーマシン三機をがんばって劇中再現してみた↓
D-style 勇者王ガオガイガー18
D-style 勇者王ガオガイガー19
♪てれれれ~ってれて~ててて~♪
D-style 勇者王ガオガイガー20
D-style 勇者王ガオガイガー21
♪ちゃ~んちゃちゃっちゃっちゃ~ちゃちゃちゃ~♪
D-style 勇者王ガオガイガー22
D-style 勇者王ガオガイガー23
♪てれれれ~ってれて~ててて~♪
……よし、このくらいでやめとこうw


D-style 勇者王ガオガイガー24
ガイガーは、合体前にいくつか準備が必要です。
まずは胸部のギャレオンヘッドと本体との間に、延長パーツを挟みます。
これは、合体後の腰の可動の干渉を抑えるためにある…のかな?たぶん。


D-style 勇者王ガオガイガー25
足についた爪パーツを外します。
ドリルガオーとの合体に干渉するので。


D-style 勇者王ガオガイガー26
その後、腰を180度回転して、股関節アーマーが前に来るようにします。


D-style 勇者王ガオガイガー27
反転した両足に、ドリルの前頭部を持ち上げたドリルガオーをジョイント。


D-style 勇者王ガオガイガー28
足を展開して、ドリルガオーは合体完了!


D-style 勇者王ガオガイガー29
続いて、ガイガーの両腕を一度外し、背中側のジョイントに接続しなおします。
劇中では折りたたむように変形しましたが、さすがにこのサイズなので差し替え。


D-style 勇者王ガオガイガー30
そして、ライナーガオーがそこに合体。
ライナーガオーを前後で二分割します。


D-style 勇者王ガオガイガー31
ガイガーの腕があったジョイントに、ライナーガオーを接続。
劇中ではライナーガオーは連結されたまま胴体の空洞を貫通して合体していましたが、サイズと見栄えの問題か、分離合体仕様になっています。


D-style 勇者王ガオガイガー32
そして、ステルスガオーは一度、全てのパーツを外す必要があります。
劇中&DX等のトイではそうでもなかったのですが、これはサイズの都合…というよりは、デフォルメした都合かと思います。


D-style 勇者王ガオガイガー33
ステルスガオーは、まず本体を前方が下を向くようにしてドッキング。
これがガオガイガーの翼であり、パックパックとなります。


D-style 勇者王ガオガイガー34
続いて、胸部のギャレオンヘッドに…、


D-style 勇者王ガオガイガー35
分離したステルスガオーの、エンジン部のサイドアーマーを装着!
これが追加タテガミとなり、いよいよライオンらしくなりました。
…顎が開いたことにとくに意味はありません。そのほうがカッコイイかなと思っただけで。


D-style 勇者王ガオガイガー36
D-style 勇者王ガオガイガー37
続いて、ライナーガオーの床部分から、腕の合体ジョイントを起こします。
二の腕ジョイントというべきか。


D-style 勇者王ガオガイガー38
D-style 勇者王ガオガイガー39
そこにステルスガオーのエンジン(右腕はスラスターが付いている方)をジョイントし、さらにその先に拳パーツをジョイント。
手パーツであれば何をつけても問題ありませんが、劇中再現的な事情+デフォルトがこれなのでという理由で、ここでは拳を装着しています。


D-style 勇者王ガオガイガー40
同じように左腕を合体。


D-style 勇者王ガオガイガー41
D-style 勇者王ガオガイガー42
あとは、フェイスカバー(別パーツ)をガイガー頭部に合体し、


D-style 勇者王ガオガイガー43
D-style 勇者王ガオガイガー44
メット(別パーツ)をかぶせて合体完了!


D-style 勇者王ガオガイガー45
キラーン!


D-style 勇者王ガオガイガー46
「ガオッ! ガイッ!」


D-style 勇者王ガオガイガー47
「ガァァァァアアアア!!」


D-style 勇者王ガオガイガー48
ガオガイガー。
勇者シリーズでは最も多く苦戦を強いられ、同時に最も多く、辛い戦況を覆した、現状最後の勇者ロボ。
作中では、必殺技はおろか合体ですら使用者やマシン各機に負担がかかると描写され、それまでの勇者シリーズにはあまりなかった「緊張感」を演出していました。
そして、「胸にライオンの顔」「ドリル」「新幹線」「デカい翼」という、子供受けする要素を全部盛り込んだ事で生まれた大胆かつ堂々としたデザインと、メインカラーの黒と赤の渋さが相まって、結果的に「リアルロボット支持」と「スーパーロボット支持」の双方を得た究極のロボとなりました。
その「勇者王」の名に相応しい風格と力強さは、今尚多くのファンから支持されています。

デフォルメされたこともあって、全体的に縦にも横にも長くないボディとなりました。
スパロボのそれとはまた少し違い、頭部…とくに角がデカいです。
それでもしっかり人型になっていて、デフォルメされているのにマッシブに見えるのはすごいと思います。
これでかっこよく見えるんだから不思議。

…というかむしろ、俺はやったことないので知りませんが、ガオガイガーを「スーパーロボット大戦」シリーズの出演ロボとしてしか知らないひとから見れば、こっちのほうが馴染み深いのかもしれませんね。


D-style 勇者王ガオガイガー49
パンチのポーズで、可動範囲解説。
ガイガーよりはかなり広がりましたが、タテガミや股関節アーマー、ステルスガオーの翼やドリルガオーのキャタピラなど、あらゆる面で干渉するので、結局はこれぐらいが精一杯です。
まあそれでも、上半身は劇中再現に支障が出るわけではないので、苦に感じることはまずないでしょう。
上半身は、ね…。
ちなみに、腕だけはもっと可動範囲を広げる事ができますが、それに関しては後述。


D-style 勇者王ガオガイガー50
せっかくなので構図そのまま、右腕を外して「ブロウクンマグナム」の再現。
腕のジョイントも魂STAGEと同系統なので、差し込めば簡単に宙に固定できます。


D-style 勇者王ガオガイガー51
「ブロウクン・マグナァァァム!!」
ダンボール戦記のエフェクトパーツで劇中っぽく。
紫ではないけれど、腕が回転して渦状のミサイルになることと、その奔流の漏れがあることで、かなり近い再現ができてると思います。
ダン戦エフェパはほんとに便利だなぁ…。


D-style 勇者王ガオガイガー52
また、左手は指を立てたものと交換し、防御技「プロテクトシェード」の再現ができます。


D-style 勇者王ガオガイガー53
「プゥーロテクトー・ッシェーエエッド!」
…はい。我が家にはこれしかなかったんです。S.H.Figuartsウィザードのエフェクトパーツセット01の魔方陣エフェクトぐらいしか、それっぽいのがなかったんです。ごめんなさい。
いやまあ魔方陣ならマジキングとかキャロとかのがありましたが、あれはこいつには大きすぎたので…。
かといってこれも少し小さい…かな?


そしていよいよ、必殺技を再現!

D-style 勇者王ガオガイガー54
「ヘルッ!アンド!ッヘヴン!!」
開き手があればよかったんですけれども。


D-style 勇者王ガオガイガー46
「ゲム・ギル・ガン・ゴー・グ・フォー…」
写真は使いまわしです。


D-style 勇者王ガオガイガー55
「ふんッ!!」
両手を外し、指を組んだ手パーツに差し替えます。


D-style 勇者王ガオガイガー56
「ヘル・アンド・ヘヴン」(必殺技)の状態。
前で手を交差していますが、このためにはタテガミパーツを外す必要があります。


D-style 勇者王ガオガイガー57
ゾンダーロボ(代理・パトパンダー)から、ゾンダー核(代理・ネリケシ)を抉り取るシーンを再現。
ちなみに何故ゾンダーロボをパトパンダーにしたのかというと、ガオガイガーってなんか、自身より一回り大きい敵と戦うシ場面がやけに多かった気がするんですよね。
ちょうど手元にあったパトパンダーがそれくらいだったので、抜擢しました。


D-style 勇者王ガオガイガー58
オマケ。
フェイスガードとメットは別物なので、副次的とはいえ、劇中で何度か見せた「フェイスガードが割れた状態のガオガイガー」を再現できます。
演出上、勇者シリーズでは多分、ガオガイガーが一番フェイスガード割れてるんじゃないかな…?
おかげで印象深いです。


D-style 勇者王ガオガイガー59
そして、最後に装備品である「ディバイディングドライバー」。
第三話より登場した、一般市民を守るため、自身を中心として空間を半球状に湾曲させ、何もないバトルフィールドを形成するツールです。
主題歌で一番の歌詞に出てくるだけあって、最も有名なツールです。
何故か斬撃系や突貫系の「攻撃用」の武器と思われがちなのですが(エンマサが叫ぶから?)、むしろ「守る」という意味では「防御用」のツール(武器)なので、それを知っているか知らないかで、ガオガイガーを知るか知らないかが簡単にわかります。
まあ俺に言わせれば、そんな勘違いしてるヤツは「にわか以下」ですね。うんうん。

デフォルメの都合でとても短くなっていますが、装備させるとそんなに違和感はないんですよねー。
先端のプレートのみ白で、あとはオレンジ一色の造形となっています。


D-style 勇者王ガオガイガー60
「ツールッ・コネクトッ!!」
ミラーコーティングされて射出されたディバイディングドライバーが、それを追って飛行するガオガイガーの左腕に合体!!


D-style 勇者王ガオガイガー61
このプラモでは、そのためにまず左腕の手パーツを外しておく必要があります。


D-style 勇者王ガオガイガー62
D-style 勇者王ガオガイガー63
左腕の穴(設定ではプロテクトシェードのエネルギー出力口)に、ディバイディングドライバーの突起を差し込んで、合体完了!


D-style 勇者王ガオガイガー64
「ディバイディング・ドライバーッ!!」
先を上に向けて、OPっぽく。
旧トイ、旧プラ、BRAVE合金、SR超合金、ブレイブガム、そしてこのD-style。今まで数多くのガオガイガーの玩具が出回っていますが、すべてにおいてこの「ディバイディングドライバー」が必ず付属しています。
それだけ重宝されているツールなのですが、だからこそ、何も知らない人には攻撃用のツールに見えてしまうのかも知れません。


D-style 勇者王ガオガイガー65
ためしに攻撃用のツールっぽく構えてみる。
…なるほど確かに、知識なしでこれをみせられて、「手が剣に変形した」って言われたら、納得してもおかしくないですね。
むしろ、そうですね…「空間湾曲」だから、仮面ライダーオーズの「オーズバッシュ」的なノリで攻撃に転用したりしないかな……。
斬った衝撃派が飛んで、当たったら空間ごと切れて、空間だけ元に戻る…みたいな。
MSでやろうかな…


D-style 勇者王ガオガイガー66
さて、こちらがパッケージ。
カッコイイイラストがかかれています。
ちなみにもう一度言いますが、定価は「2625円(税込み)」です。
右上の値札はアテにならないのでご了承ください。


D-style 勇者王ガオガイガー67
中のランナーはA~Iまであり、それとは別に、主に間接となる軟質素材の「PCランナー」が存在します。
尚、前述のようにライナーの外装とステルスの本体は、ランナーではなくポリ梱包。


D-style 勇者王ガオガイガー68
同梱の組み立て解説書(=ブックレット)。
表紙にはパッケージと同じ絵がかかれていて、そのほか白黒で、組み立て、合体、再現の説明がかいてあります。全8ページ。


D-style 勇者王ガオガイガー69
うち1ページには、塗装用の参考ページがあります。
もちろんカラー仕様。


D-style 勇者王ガオガイガー70
ブックレットの表紙絵っぽいポーズをとらせてみた。
やっぱり股関節アーマーが干渉する関係で、そうそううまくはできませんね…。


以上。コトブキヤの「D-style 勇者王ガオガイガー」でした。
差し替えありでも、この価格で「変形」「合体」「可動」ができるのは、プラモデルだからといえどとてもよく出来ていると思います。
デフォルメモデルってのはちょっとアレに思えますが、前述のようにスパロボユーザーなら是非ほしいだろうし、そうでない俺もついかってしまうほど、知っていれば逃せないアイテムです。

残念なのは、世への出回りが極端に悪いことです。
こんなにいい商品なのに、地方のアニメイトやらコトブキヤ本店やらに行かないと、あとは通販ぐらいでしか買えない希少品なのはとても惜しいところ。
とはいえ、もう勇者シリーズそのものが年代物化した世の中、入手したい人はそんなに居ないのかもしれませんね。
ついでに、商品としては付け替え用の手パーツが乏しい気がします。
まあガオガイガー自体、そもそも握り手がデフォルトなので、開き手をつける必要はないと判断はたこともわからなくはないのですが……。

とはいえ、今ではこれが、最も手に入りやすいガオガイガーの玩具であることも事実。ファンならネットで是非お買いもとめください↓
こちらのリンクをクリックで、コトブキヤの公式販売サイトに飛びます





ふう。
普段なら二回にわけてレビューするところを一回にまとめたから、すげー時間がかかっちまったぜ…。

さて、次回の玩具レビューは…?
「諸君らに、最新情報をお届けしよう!」
D-style 勇者王ガオガイガー71
「次回、『君も、最強の勇者王伝説にフュージョンせよ!』」
D-style 勇者王ガオガイガー72
「次回もこのチャンネルで、ファイナルフュージョン・承認!!」

スポンサーサイト

この日のコメント


コメント入力フォーム












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

狗衣やなせ

Author:狗衣やなせ
友よ! 私は帰ってきたァ!!

わんこ、サード、わたゆ等と呼ばれます。
アニメとか特撮とかロボとかプラモとか大好きな玩具廃人の大学二年生。
紹介するのは戦隊&ライダー玩具からプラモ、その他アニメ系のほか、これからはガチャ&食玩なども含めて幅広くやっていく予定です。

バンダイ\(^-^)/バンザイ


最近のレビュー

最近行った玩具レビューの紹介コーナーです。画像クリックでジャンプします。

figma長門バナー
figma 長門

【艦隊これくしょん -艦これ-】
ハルヴァードのバナー
RM-01 ハルヴァード

【玩具オリジナル改造品】

UFOマルバナー
オトモ忍シリーズ弐 UFOマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
パオンマルバナー
オトモ忍シリーズ壱 パオンマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
忍者一番刀 バナー
変身忍刀 忍者一番刀

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナー3
DXシュリケン合体シュリケンジン(後編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナーぬ
DXシュリケン合体シュリケンジン(前編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
トライドロン バナー
三段変形DXトライドロン

【仮面ライダードライブ】
ハイパーレッシャテイオー144ばな
烈車合体シリーズ総まとめ

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー2
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(前編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
TK01ドライブS ばなー
TK-01 仮面ライダードライブ タイプスピード

【仮面ライダードライブ】
7817p.jpg
トッキュウレッシャーSP ステルスレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー 特別編】
アカレンジャーバナー
S.H.Figuarts アカレンジャー

【秘密戦隊ゴレンジャー】
その他レッシャーバナー
烈車合体シリーズ 番外編

【烈車戦隊トッキュウジャー】
figma百江なぎさバナー
figma 百江なぎさ

【劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語】
サファリガオー バナー
DX 烈車合体サファリガオー

【烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS!】
超超トッキュウダイオーバナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ビルドダイオー バナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(前編)
【烈車戦隊トッキュウジャー】
しまかぜバナー
figma 島風

【艦隊これくしょん 艦これ】
ねんどろいど 小毬バナー
ねんどろいど 神北小毬

【リトルバスターズ! Refrein】
figma西住みほバナー
figma 西住みほ

【ガールズ&パンツァー】
ポリス&ファイヤーレッシャーばなー
トッキュウレッシャー09 ポリスレッシャー
トッキュウレッシャー10 ファイヤーレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー】


カテゴリー一覧


バナー画像

相互リンク大歓迎!もちろんフリーです! 
↓こちら↓
双葉夏希01ブログバナー


リンクさせてもらってます

リンクさせてもらってる各種ブログ(サイト)。
囲われた部分はそこの分類といいますか。そんなかんじです。

このブログをリンクに追加する


日別観覧者数


QRコード

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。