ぶろぐ背景20140519 no
わんころ玩具堂! 君も、最強の勇者王伝説にフュージョンせよ!!
日々玩具に囲まれて生きる、特撮などのヒーローが大好きな一人の男のブログ。週二~毎日、自由気ままに更新中!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





君も、最強の勇者王伝説にフュージョンせよ!!

どうも、わんこです。
さて今日は、予定通り「D-style ゴルディーマーグ&ステルスガオーⅡセット」のレビューをします!
70枚という史上初の画像数でお送りしますよぉ~!



D-style ゴルディー&ステルスⅡセット01
「お前ら、みんなまとめて光になれェェェエエ!!」
コトブキヤより、発売中のD-style 勇者王ガオガイガーのオプションパーツとして、劇中での印象が最も強い「ゴルディオンハンマー」の制御ツール「ゴルディーマーグ」と、ステルスガオーの強化版再現用パーツがセットになって登場!

ちなみに今回のレビューでは、D-style 勇者王ガオガイガーがあることが前提でかかれています。
まだみていない方は、そちらを参考にしてください。

↓クリックで記事が開きます↓



D-style ゴルディー&ステルスⅡセット02
セット内容。
ゴルディオンハンマーを主体としたサポートメカ「ゴルディーマーグ」は、戦車形態「ゴルディータンク」と、ロボモード用の交換用頭部パーツ、アームモード(仮称)用の拳パーツ、さらに「ハンマー・ヘル」再現用の金色の釘と、その持ち手がセットになっています。
ステルスⅡに関しては、前回のステルスガオーの本体パーツが、Ⅱ用に仕様変更されたものがついてくるだけです。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット03
さて、まずは「ゴルディータンク」から。
後にガオガイガーの主力武器となる「ゴルディオンハンマー」の登場後、その使用者への負担を最小限に抑えるために作られたツールで、普段はハンマーを背負った車形態(=戦車)の形で現場に急行します。
ハンマーの持ち手が長いことを逆手に取り、戦車に見立てたアイディアには感嘆します。

商品としては、デフォルメ化されたことでハンマーとゴルディーの比率が劇中とすこし異なったことになっています。
まあ、これはこれで味があっていいのですが。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット04
ガオーマシーンズと比較。
縦幅はドリル&ライナーガオー、横幅はステルスガオーにそれぞれ劣りますが、ハンマーを背負っている分、全体のボリュームは一番です。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット05
また、解説書では先の写真の状態にしるように描かれていますが、デフォルメ品ですし、いっそ持ち手をそのままジョイントして、砲身を伸ばすのもアリだと思います。
俺にはこっちのほうが「戦車」っぽくみえますしね…。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット06
「システムッ・チェーンジ!」
では、ゴルディータンクをゴルディーマーグへと変形させましょう。
まずは本体をたたせます。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット07
D-style ゴルディー&ステルスⅡセット08
ハンマー裏についたセンサーパーツを外します。
すると、ロックが外れてゴルディーとハンマーが前後に分離できるようになるので、分離します。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット09
D-style ゴルディー&ステルスⅡセット11
D-style ゴルディー&ステルスⅡセット10
ゴルディーの後輪ユニットを一度分離し、もともとあったレールより上にあるレールにはめなおします。
この時、車輪が下をむくようにしましょう。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット13
D-style ゴルディー&ステルスⅡセット14
一度本体を横に倒し、前後に分離します。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット15
D-style ゴルディー&ステルスⅡセット16
前部分を裏返し、再び合体。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット17
もう一度ハンマーを合体させ、その上から、今度はゴルディー頭部を合体!


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット18
ゴルディーマーグ、完成!
劇中では超重力下でも動くことができるという、とんでもないパワーを秘めたロボとして初登場。
基本的にはガオガイガー用のツールとして作られているためか、ゴルディーマーグ自体には大した装備はなく、純粋に力技で戦います。

商品としては、不満点はほとんどありません…全体的に横長なのを除けば。
デフォルメされたとはいえ、横長はないっしょ…。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット19
腕のジョイントがボールジョイントなので、上下に可動、さらに少しですが、よこに開くこともできます。
可動範囲はこれだけ。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット20
ガイガーと比較。
劇中では同じくらいの描写だったとおもいますが、今回はデフォルメ品ということもあってか、ガイガーのほうが大きめです。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット21
「システムッ・チェーンジ!」
さて、ではいよいよガオガイガーとの合体に入ります!
まず、ゴルディー頭部を外し、そのままゴルディオンハンマーと分離させます。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット22
その後本体をまた上下で分割し、こんどは足のパーツを、背中側にジョイントします。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット23
こんなかんじに。
いっきに何かの部品っぽくなりましたが、それもそのはず、ゴルディーの合体は、合体といっても、単に右腕の一部になるだけなのでね…。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット24
続いて、別で付属する巨大拳パーツをジョイントし、マーグの合体準備は完了!


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット25
続いて、ゴルディオンハンマーの変形。
マーグから分離した後、センサーパーツを取り付けます。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット26
その後、二重に装備された持ち手のうち、上側のものを外します。
これで準備完了!


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット27
さて、こちらはステルスガオーⅡに付属するジョイントです。
ガオガイガーがゴルディーを装備するに当たって、本来の右腕は、ステルスガオーの翼部分にもどされるのですが…この玩具ではそのままそれをすると、ライナーガオーと干渉してしまうので、このパーツを使います。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット28
一度ガオガイガーからステルスガオーの本体と右腕(拳パーツも外す)を分離し、先のジョイントを使って合体します。
一応、奥まで差し込むことは出来ますが、そうすると可動に支障がでるので、すこし指すだけにしましょう。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット29
そうしたら、ステルスガオー本体を、もう一度ガオガイガーに合体させます。
これで全ての準備は整いました! いよいよ合体!


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット30
D-style ゴルディー&ステルスⅡセット31
「ハンマァ・コネクトッ!!」
外した右腕の変わりに、飛んできたゴルディーユニット(仮称)がドッキング!


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット32
D-style ゴルディー&ステルスⅡセット33
拳が回転し…、


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット34
D-style ゴルディー&ステルスⅡセット35
そこにゴルディオンハンマーが下りてきて、ガオガイガーが握る!


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット36
D-style ゴルディー&ステルスⅡセット37
ちなみにこの玩具の場合、ハンマーを拳内に通した後、もう片方の持ち手を、拳からつき出たジョイントに合体させる必要があります。
これで合体完了!


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット38
「ゴルディオン・ハンマァー!!」
ガオガイガー・ゴルディオンハンマー装備形態。
劇中では主に中盤から登場。初期では媒体にブライヤーズを使用するほど、装備者への負担が大きかったゴルディオンハンマー。
しかし、ゴルディーマーグという制御ユニットを介することで、これを完全に使いこなすことが出来るようになった。
以降、使用の際はその力を完全に制御した証として、ガオガイガー本体が金色に輝くようになる。

見てのとおり、ハンマーそのものが大きいので、装備するとガオガイガーは横幅が二体分にもなります。
しかし「強くなった」という印象を与える、という意味では、これ上ない方法。
ロボ二体が合体する、という点では「グレート合体」といえなくもないですが、こういった「武装合体」は、どちらかというとマイトガンナーやガンマックスあたりの位置にあるロボです。

ちなみに劇中では、ゴルディオンハンマーを握った時点でもう、金色に輝きはじめます。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット38 きんいろ
せっかくなので輝かせてみる。
うーん、やっぱり俺は、あんまり画像加工は得意じゃないなぁ…。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット39
そしてこちらが、マーグのホイールからせり出す「金色の釘」と、その持ち手。



D-style ゴルディー&ステルスⅡセット40
D-style ゴルディー&ステルスⅡセット41
「ハンマァ・ヘルッ!!」
釘を抜くシーンを再現。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット42
「てぁぁぁああああ!!」
ゾンダーロボに釘を打ち込むガオガイガー。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット43
D-style ゴルディー&ステルスⅡセット44
D-style ゴルディー&ステルスⅡセット45
D-style ゴルディー&ステルスⅡセット47
「ハンマァ・ヘヴン!!」
ゴルディーの一部にある赤いくぎ抜きの展開も可能。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット46
金の釘を固定することもできます。モロいですけど。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット48
「光になれェェェエエエ!!」
ちなみに正直、ゴルディーユニットが本体ジョイントにたいして大きすぎるため、重量の関係ですぐ合体が外れます。
やっぱりプラモはこういうところが難点ですね。逆に言えば、ある程度の無理をしても破損することなく外れてくれるのは利点なのですがね。




D-style ゴルディー&ステルスⅡセット49
さて次は、ステルスガオーⅡパーツのレビューです。
ゾンダリアンを滅ぼした後、戦いの舞台が宇宙へと移動したことで、ステルスガオーを宇宙飛行用に改造したもの。それがステルスガオーⅡです。
大気圏外での出力を維持する追加ユニット「ウルテクエンジン」を両端に設けたほか、制御ユニットを後部に設けています。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット50
ちなみになぜ「パーツ」なのかというと、写真にあるエンジンパーツ(ガオガイガー時の腕と胸部)は、ガオガイガー付属のステルスガオーと兼用だからです。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット51
これが本来の「ステルスガオーⅡ」の姿。
俺は最初、後部ユニットとウルテクエンジンだけ付属して、それをガオガイガー付属のステルスガオーに武装させて再現するのだとばかり思っていましたが、ウイングのGGGマークが黄色から緑に換わりますし、その再現も考えると、いっそ別パーツでやってしまったほうが早かったんでしょうね。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット52
ステルスガオーの本体パーツと比較。
リデコ品なのか、一部を除けばほぼ同型です。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット53
ステルスガオーⅡは、もちろんガオガイガーに合体できます。
とはいえほとんど無印とかわらないので、ここでは本体パーツの合体のみ紹介。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット54
そしてこれが、ステルスガオーⅡを装備したガオガイガー。
「スターガオガイガー」というちゃんとした名前がありますが、劇中では単にガオガイガーとされ、旧型との区別はありませんでした。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット55
バックビュー。
……うん、すげー早く飛びそう。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット56
また、両サイドのウルテクエンジンからは、追加武装である「ファントムリング」をそれぞれ分離、さらにガオガイガーに装備させることができます。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット57
四方にデッパリがあるファントムリングは、右腕に装備。
腕と手との間に、ワッシャーを挟むような感覚で装備させます。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット58
「ブロウクン・ファントムッ!!」
ファントムリングを装備したことで、強化された「ブロウクンマグナム」。
ファントムリングは腕の回転とは逆方向に回転するのですが、今回その再現は割愛。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット59
角度を変えてもう一枚。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット60
「プゥーロテクトッ・ウォーール!!」
くぼみがあるほうのファントムリングは、左腕に通すことで「プロテクトシェード」の強化技を再現できます。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット61
もちろん、スターガオガイガーの状態でゴルディオンハンマーを装備することも出来ます。
というか、パッケージではこっちがデフォルトなんですよね…。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット62
せっかくなのでディバイディングドライバーを含めて、全装備形態。
あんまりかっこよくは見えませんが、ジェネシックになるとこの状態で必殺技があるらしいです。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット63
さて、こちらが今回のパッケージ。
あいかわらず、値札はアテになりませんのであしからず。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット64
中のランナー。
ガオガイガーがA~Iだったのに対し、こちらのセットはJ~Oという番号が振られています。
セット売りする予定でもあったんでしょうかねぇ…。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット65
こちらがブックレット。
箱と同じ絵がかかれています。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット66
その1ページには、塗装の参考用ページもあります。


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット67
今さらですがサイズ比較。
グッスマ社のねんどろいどとほぼ同サイズです。
写真では「能美クドリャフカ」を使用。こちらもいずれレビュー予定。


以上、「D-style ゴルディーマーグ&ステルスガオーⅡセット」でした。

ガオガイガーを持っている前提のセットということで、単体ではプレイバリューに乏しいです。
が、ガオガイガーをより楽しむためのセットだと思えば、かなり変わってくるとおもいます。
俺個人の意見としては、とりあえずは上々でしょう。




ふぃ、今日は以上です。

D-style ゴルディー&ステルスⅡセット69
「キングジェイダァァアア」(違)


D-style ゴルディー&ステルスⅡセット68
というわけで次回は、先月末発売の「ロケット変形 DXプレズオー」ヲレビューします!
こうごきたい!

では、あでゅ~
スポンサーサイト

この日のコメント


コメント入力フォーム












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

狗衣やなせ

Author:狗衣やなせ
友よ! 私は帰ってきたァ!!

わんこ、サード、わたゆ等と呼ばれます。
アニメとか特撮とかロボとかプラモとか大好きな玩具廃人の大学二年生。
紹介するのは戦隊&ライダー玩具からプラモ、その他アニメ系のほか、これからはガチャ&食玩なども含めて幅広くやっていく予定です。

バンダイ\(^-^)/バンザイ


最近のレビュー

最近行った玩具レビューの紹介コーナーです。画像クリックでジャンプします。

figma長門バナー
figma 長門

【艦隊これくしょん -艦これ-】
ハルヴァードのバナー
RM-01 ハルヴァード

【玩具オリジナル改造品】

UFOマルバナー
オトモ忍シリーズ弐 UFOマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
パオンマルバナー
オトモ忍シリーズ壱 パオンマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
忍者一番刀 バナー
変身忍刀 忍者一番刀

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナー3
DXシュリケン合体シュリケンジン(後編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナーぬ
DXシュリケン合体シュリケンジン(前編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
トライドロン バナー
三段変形DXトライドロン

【仮面ライダードライブ】
ハイパーレッシャテイオー144ばな
烈車合体シリーズ総まとめ

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー2
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(前編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
TK01ドライブS ばなー
TK-01 仮面ライダードライブ タイプスピード

【仮面ライダードライブ】
7817p.jpg
トッキュウレッシャーSP ステルスレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー 特別編】
アカレンジャーバナー
S.H.Figuarts アカレンジャー

【秘密戦隊ゴレンジャー】
その他レッシャーバナー
烈車合体シリーズ 番外編

【烈車戦隊トッキュウジャー】
figma百江なぎさバナー
figma 百江なぎさ

【劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語】
サファリガオー バナー
DX 烈車合体サファリガオー

【烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS!】
超超トッキュウダイオーバナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ビルドダイオー バナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(前編)
【烈車戦隊トッキュウジャー】
しまかぜバナー
figma 島風

【艦隊これくしょん 艦これ】
ねんどろいど 小毬バナー
ねんどろいど 神北小毬

【リトルバスターズ! Refrein】
figma西住みほバナー
figma 西住みほ

【ガールズ&パンツァー】
ポリス&ファイヤーレッシャーばなー
トッキュウレッシャー09 ポリスレッシャー
トッキュウレッシャー10 ファイヤーレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー】


カテゴリー一覧


バナー画像

相互リンク大歓迎!もちろんフリーです! 
↓こちら↓
双葉夏希01ブログバナー


リンクさせてもらってます

リンクさせてもらってる各種ブログ(サイト)。
囲われた部分はそこの分類といいますか。そんなかんじです。

このブログをリンクに追加する


日別観覧者数


QRコード

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。