ぶろぐ背景20140519 no
わんころ玩具堂! 「母さん達に気づいてもらえなかったら…その時は、たぶん、泣くかな…」
日々玩具に囲まれて生きる、特撮などのヒーローが大好きな一人の男のブログ。週二~毎日、自由気ままに更新中!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





「母さん達に気づいてもらえなかったら…その時は、たぶん、泣くかな…」


どうも、わんこです!
さて、今日はようやくですが、ハイパーレッシャテイオーのレビューですぜ!




ハイパーレッシャテイオー01
「ハイパーレッシャテイオー、ジャイアントフラッシュ!」

今回紹介するのは、トッキュウジャー最終アイテムである「トッキュウレッシャー12 DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー」
2014年10月12日発売 価格は13,824円(税込)。

例によって、単体と連動でレビューをわけます。
更に今回は、その後にすべての烈車を組み合わせたオマケ記事も予定中!

では、その第一回目、張り切ってまいりましょう!

↓↓



※この記事では、劇中でトッキュウジャーが召喚などに使用する小さいものを「レッシャー」、実際に運転や合体をするものを「烈車」と記しています。
しかし、劇中での呼称が非常に曖昧なので、それが正しいのかどうかはわかりません。
あくまで僕はそう捉えているだけですので、そのあたりのご理解をよろしくお願いします。


ハイパーレッシャテイオー02
パッケージ。
前年度の「ブラギガス」のパッケージに勝るとも劣らないほどの大きさを持っています。
横幅だけでもガンプラHGの約二倍あり、それだけに持ち歩きもわりと大変でした。


ハイパーレッシャテイオー03
パッケ裏。
ブラギガスと同じく、最終合体ロボが縦向きに描かれています。
このフォーマットは今後共通なのかな。


…では、中身の解説に入ります。

ハイパーレッシャテイオー04
・ハイパーレッシャー(烈車)
第32駅より登場(第31駅にもシルエットのみ登場した)。
レインボーラインの基地とも言うべき場所「ハイパーレッシャターミナル」の移動形態で、蒸気機関車を模した超大型烈車。
普段はターミナル(駅)として路線上にあるが、有事の際はこの形態に変形し、トッキュウジャーの元へと駆けつける。
また、ターミナル自体がレインボーラインの意思によって、不定期に場所を変えているらしく、その際にもこの形態で移動する。
それらの際は、その巨大さ故に、線路を五車線分必要とする。
烈車そのものが立ち上がることで「ハイパーレッシャテイオー」へと変形し、肉弾戦が可能。
その他にも、側面の突起からイマジネーションエネルギーのビームを発射したり、後方の天井に乗せられた小型の烈車を分離させることができる。
ハイパートッキュウ一号の機関車の鎧も、この烈車がモチーフになっている。

文にまとめると、こんなかんじ。
黒いボディに金の塗装と、シックながらも絶大な存在感を醸し出しています。
アドベンジャーとか、大列車フォートレスっぽいかな(勇者脳)


ハイパーレッシャテイオー05
後ろから。
構造上、後ろの方が幅が広いので、どっちから見ても申し分ない迫力。


ハイパーレッシャテイオー06
天井には、劇中で「レッシャー」として持たされている方のハイパーレッシャーがあります。
専用のミゾこそありますが、ジョイントはないので固定はされていません。


ハイパーレッシャテイオー07
・ハイパーレッシャー(レッシャー)
第27駅「新たな力を」より登場。
トッキュウジャーの肩に、ハイパーレッシャー(烈車)を模した金色の鎧を纏わせ、その力を大幅に高めることができる。
初登場時はその力を具現化するため、ライトの強い純粋なイマジネーションを必要としていた。
同じく、強化状態での武器「ダイカイテンキャノン」を具現化させ、その弾丸として打ち出されるのも、このレッシャーを模したエネルギー弾なる。
その他にも、トッキュウジャーの意思でハイパーレッシャーを呼び出すときにも使用させる。
烈車側にもこれと同じ姿の小型烈車が搭載されており、そちらは変形することで、ロボの頭部を構成する。

文にするとこんな感じですね。
玩具的には、ダイカイテンキャノンが一か月前にリリースされ、そちらに既に付属されていたのですが、こちらには合体ギミックなどが追加されているだけでなく、各所が微妙に異なっています。
とくに違うのは…先頭車両の赤い銃口を包む金の六角柱に、成型色の上からゴールドが塗装されているところ。
一か月のリリースの差は伊達じゃないぜ!

…しかしこれ、改めて見るとすごいデザインですな。
たぶん「最速の蒸気機関車」として知られる「マラード号」をモチーフにしていそうですが、砲身のようなものが増設され、黒と赤で「シックながらもデカい存在感」というデザイン性は一貫されています。
それ故に、普通なら蒸気機関車に見えないかもと思うのですが…どうなんでしょうね。
実際、劇中ではこいつが明確に「蒸気機関車だぜ!」みたいな主張をする描写はほとんどないし…。小さい子にはどういった印象なのか、ちょっと気になります。
要するに、シンプルに「カッコイイ」かと聞かれれば、少し首をかしげる、不思議なデザインだよなーって事ですよ。
僕は好きですが。


ハイパーレッシャテイオー08
背面。
恒例の烈車合体ジョイントが設けられていますが、実は正規の変形合体では一切使いません。
お遊び要素みたいなものと思っていいかも。オリジナル合体が楽しくなりそうです。


ハイパーレッシャテイオー09
でっかいの(烈車)とちっさいの(レッシャー)では、これだけの違いがあります。
レッシャー自体は他のものと大差ないので…やっぱり今回かなり大きいな…w


…では、このまま変形ギミックをご紹介します!
「ハイパー烈車変形!!」

ハイパーレッシャテイオー10

ハイパーレッシャテイオー11
まず、小さい方のハイパーレッシャーの、先端部分を上に向けます。


ハイパーレッシャテイオー12

ハイパーレッシャテイオー13

ハイパーレッシャテイオー14
その後、でかいほうを起き上がらせ、天井が前を向くようにします。
…なんか、イカした時計台みたいだ…w


ハイパーレッシャテイオー15
起き上がらせた時の、天井部分。

ハイパーレッシャテイオー16
ここに、小さい方の烈車をセットします。


ハイパーレッシャテイオー17
セット完了。
変形、これだけです。

「乗車完了! ハイパーレッシャテイオー!!」
ハイパーレッシャテイオー18
・ハイパーレッシャテイオー
第32駅「決意」より登場。ハイパーレッシャーが変形した、トッキュウジャーの四号ロボ。
それまでのロボの約六倍の出力と攻撃力を備え、大きさもどれよりも上に値する。
その巨体と出力を生かした肉弾戦を得意とするほか、それぞれの指が砲台となっていて、そこから連続して砲撃を行う「ハンドランチャー」という技が使える。
必殺技は、両手と胸部の車輪にイマジネーションエネルギーを凝縮し、一斉に放つ「ハイパーレッシャテイオー・ジャイアントフラッシュ」。

玩具としていえることは、ただ一つ。

清々しいほど、箱ロボっ!!!

もう、ね。
古き良きアノコロの玩具、って言われてもしっくり来そうなくらいの箱ロボ玩具ですね。
まあ、ある意味「基地ロボ」でもあるわけですから、これくらいがちょうどいいんですよ。
ただブラギガスとタテガミライオーが、ちょっと出来が良かっただけで。
戦隊の最終ロボは、これでいいんです。

まあ、あとはアレですね。
玩具の大きさと対象年齢の都合上、これぐらい大きな玩具になると、変に可動範囲があるほうが、かえって危険だったりするんですよ。
現にブラギガスは、玩具好きの皆さんはともかく、親御さんたち的にはあまり評判良くなかったみたいですし…。


ハイパーレッシャテイオー19
裏面。
やはり、車輪だらけ。
だが、それがいいッ!!


ビルドダイオーを除けば、これはもはや烈車合体シリーズのお約束ですからね。
そこを引き継いでる感じもあっていいと思います(ゴリ押し)


ハイパーレッシャテイオー20
もちろん、可動範囲はシンプルに腕のみ。
それでいいんです。足まで動いたらブッ倒れるから、小さなお子さんが怪我します。


ハイパーレッシャテイオー21
とりあえず、両手を前に向けて「ハンドランチャー!」。
これを加工したのがトップ画となっています。



さて、ではもう一つのギミックをご紹介します。
それは、ターミナルの再現!!

ハイパーレッシャテイオー22
一度烈車形態に戻してから、本体サイドの金のロックパーツを抑えつつ、本体を開いていきます。


ハイパーレッシャテイオー23

ハイパーレッシャテイオー24

ハイパーレッシャテイオー25

ハイパーレッシャテイオー26

ハイパーレッシャテイオー27
こんな感じ。
45度ごとにクリックが入り、そのたびに「カチ」「カチ」と鳴ります。

ちなみに、ロックは水平方向だけでなく、垂直以外のそれぞれ45度の角度でもされるようになっています。
大きさ故の安全面の考慮からでしょうが、おかげでこちらは撮影に苦労せずに済みましたw
…まぁ小さい子には、こんな大きな変形を、片手でロックパーツを外しながらの作業になってしまいますからね。
その変の考慮はさすがバンダイさんです。
はがれないシール(後述)は許せないけど…。


ハイパーレッシャテイオー28
続いて、展開された側の黒いブロックを、さらに外側に展開します。

ハイパーレッシャテイオー29

ハイパーレッシャテイオー30
こんな感じ。
すると、線路が出現します。


ハイパーレッシャテイオー31
反対側にも同じブロックがあるので、それを開いて変形完了!


完成! ハイパーレッシャターミナル!!
ハイパーレッシャテイオー32
・ハイパーレッシャターミナル
第31駅「ハイパーレッシャターミナル」より登場。
レインボーラインに所属するすべての烈車が集結する「駅」として登場した、レインボーラインにおける事実上の「本拠地」。
総裁と呼ばれるレインボーラインの統率者が居る他、それ単体が巨大な建物となっており、あらゆる物資が搭載されている。
この形態では、上面にはトッキュウレッシャーを五両停車させる他、側面に大量の線路と駅を出現させ、全ての烈車を停車させることができる。
初登場時は、シャドーとの戦いで烈車に飛び散った闇の掃除と、烈車の精密点検を行った。
また、シャドーラインに居場所を知られないようにするため、普段から定期的に場所を変更しているらしい。

…玩具としては、とにかく大きいです。
全長550ミリ。じつに、ロボ二体が地面に寝そべったかのような大きさ…というか、長さです。
まあ、実際に一体のロボを前後に開いたものですし、ね。


ハイパーレッシャテイオー33
反対方向から。
こっちから見ると、微妙にハイパーレッシャーの面影が残っていたりしますが、所見ではまるっきりベツモノです。


ハイパーレッシャテイオー34
試しに、上から見た例。
ほとんど線路です。線路しかないっす。


ハイパーレッシャテイオー35
順に細部アップ。
先端はスロープになっており、他の烈車を地面から上り下りさせることができるようになっています。


ハイパーレッシャテイオー36
線路は合計で五車線。
ビス穴や謎のジョイントが目立ちますが、それについてはまた後日…。


ハイパーレッシャテイオー38
最後尾。
「ターミナル」というだけあって、壁にはアーケード風の鉄骨モールドがあり、そのど真ん中には壁時計が掛っています。
こうしてみると小さめですが、スケールから考えると、他の烈車よりほんのすこし小さいくらいなので…けっこう大きいことになります。
ちなみに、針は七時半を刺している模様。
スーパー戦隊は、一部を除けば全国で日曜の朝七時半から放送されているので、これはそういう意味なんでしょうね。
いやはや、相変わらず芸が細かいのなんのって。


ハイパーレッシャテイオー40
この線路は、従来のトッキュウレッシャーすべてに対応しており、このようにして烈車を載せることができます。


ハイパーレッシャテイオー42
なので、劇中通りにメインのトッキュウレッシャー五編成を全てセットすることができます。


ハイパーレッシャテイオー41
上からみた図。
すっぽり入ります。


ハイパーレッシャテイオー43
また、劇中のように、スロープを駆け下りて発車するシーンを再現することもできます。
…が、トッキュウレッシャーは言うても「合体重視」なので、劇中さながらに下ろすことはできず、地面ないし線路と、烈車との間にどうしても空間ができてしまいます。
ここはちょっと残念ですが、まあプラレールとかみたいに、列車であることだけを楽しむ玩具ではないので、妥当ですかね。


ハイパーレッシャテイオー44
また、線路を気にしなければ、トッキュウオーへの合体過程の状態で載せることも可能です。


ハイパーレッシャテイオー45
そのままトッキュウオーにして、「乗車完了!」の、レールの上を滑るシーンを再現…できなくはないのですが、幅の都合で本体が僅かに偏ってしまいます。
むぅ、残念。


ハイパーレッシャテイオー46
特に「レールと車輪を合わせる」とかする必要もないので、スケールさえ合っていれば他の列車玩具と組み合わせて遊ぶことも。
写真では復刻版のマイトガインを使用していますが、このほかにもJRXやらDXガオガイガーのライナーガオー、その他各種のフックトイなどが使用できます。
…ただ、プラレール他タカラトミー社の列車玩具(トレインヒーロー、ヒカリアンなど)は微妙に合わない模様。
その辺は規格が違うので、まあ仕方ないですね。
(一応、車幅がはみ出しますが、乗らないことはないです)


ハイパーレッシャテイオー47
最後にトッキュウオーと比較。
結構、テイオーが大きいです。流石最終アイテムですね。


とりあえず、今回の紹介はここまで。
次回は、パッケ裏にも描かれている最終形態「トッキュウレインボー」を紹介予定です。
こうご期待!


ではまた次回! あでゅ~
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


この日のコメント


コメント入力フォーム












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

狗衣やなせ

Author:狗衣やなせ
友よ! 私は帰ってきたァ!!

わんこ、サード、わたゆ等と呼ばれます。
アニメとか特撮とかロボとかプラモとか大好きな玩具廃人の大学二年生。
紹介するのは戦隊&ライダー玩具からプラモ、その他アニメ系のほか、これからはガチャ&食玩なども含めて幅広くやっていく予定です。

バンダイ\(^-^)/バンザイ


最近のレビュー

最近行った玩具レビューの紹介コーナーです。画像クリックでジャンプします。

figma長門バナー
figma 長門

【艦隊これくしょん -艦これ-】
ハルヴァードのバナー
RM-01 ハルヴァード

【玩具オリジナル改造品】

UFOマルバナー
オトモ忍シリーズ弐 UFOマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
パオンマルバナー
オトモ忍シリーズ壱 パオンマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
忍者一番刀 バナー
変身忍刀 忍者一番刀

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナー3
DXシュリケン合体シュリケンジン(後編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナーぬ
DXシュリケン合体シュリケンジン(前編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
トライドロン バナー
三段変形DXトライドロン

【仮面ライダードライブ】
ハイパーレッシャテイオー144ばな
烈車合体シリーズ総まとめ

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー2
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(前編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
TK01ドライブS ばなー
TK-01 仮面ライダードライブ タイプスピード

【仮面ライダードライブ】
7817p.jpg
トッキュウレッシャーSP ステルスレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー 特別編】
アカレンジャーバナー
S.H.Figuarts アカレンジャー

【秘密戦隊ゴレンジャー】
その他レッシャーバナー
烈車合体シリーズ 番外編

【烈車戦隊トッキュウジャー】
figma百江なぎさバナー
figma 百江なぎさ

【劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語】
サファリガオー バナー
DX 烈車合体サファリガオー

【烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS!】
超超トッキュウダイオーバナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ビルドダイオー バナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(前編)
【烈車戦隊トッキュウジャー】
しまかぜバナー
figma 島風

【艦隊これくしょん 艦これ】
ねんどろいど 小毬バナー
ねんどろいど 神北小毬

【リトルバスターズ! Refrein】
figma西住みほバナー
figma 西住みほ

【ガールズ&パンツァー】
ポリス&ファイヤーレッシャーばなー
トッキュウレッシャー09 ポリスレッシャー
トッキュウレッシャー10 ファイヤーレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー】


カテゴリー一覧


バナー画像

相互リンク大歓迎!もちろんフリーです! 
↓こちら↓
双葉夏希01ブログバナー


リンクさせてもらってます

リンクさせてもらってる各種ブログ(サイト)。
囲われた部分はそこの分類といいますか。そんなかんじです。

このブログをリンクに追加する


日別観覧者数


QRコード

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。