ぶろぐ背景20140519 no
わんころ玩具堂! 『タイヤでトライドロンを強化しよう!』
日々玩具に囲まれて生きる、特撮などのヒーローが大好きな一人の男のブログ。週二~毎日、自由気ままに更新中!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





『タイヤでトライドロンを強化しよう!』

どうも、わんこです。

さて、今日はトライドロンのレビューをしますね。





トライドロン合成

『君が地獄に落ちるというなら、私も次は付き合おう! この、トライドロンで!』

というわけで、今日は仮面ライダードライブの愛機である、バイクならぬ車メカの「トライドロン」のDX玩具、「三段変形DXトライドロン」をご紹介します。
三つの姿に変形!サウンドが鳴る!各種ドライブ玩具すべてと連動!
これがなければ、「仮面ライダードライブ」の玩具は語れない!

発売:2014年10月18日 定価:7344円(税込)






トライドロン01
トライドロン00
パッケージ。
ライダー玩具恒例の、上に厚紙が飛び出たボックスタイプです。
歴代の変身ベルトと同じくらいか、それ以上の大きさ。
裏面には、この商品で出来ること全てが描かれているので、情報量が多く、結構ギリギリです。


トライドロン02
梱包状態。
タイプスピードのトライドロンの上にブリスターがあり、「ミッドナイトシャドー」のタイヤとシフトカーが入っています。
何気に、シフトカーとその対応タイヤが一つのセットに入っているのは、今回が初めて。
ちなみに本来はそれぞれ袋に入っていますが、解りやすくするために中身だけで撮影しました。


トライドロン03
セット内容。
トライドロン本体の他に、シフトカー「ミッドナイトシャドー」、ミッドナイトシャドータイヤが付属します。
シャドー関連はまた後ほどにして、先にトライドロンをご紹介します。


トライドロン04
・トライドロン(タイプスピード)
仮面ライダードライブが操縦する、自動車型のサポートメカ。
死の直前に意識をドライブドライバーに写し、ロイミュードと戦うと決めた「クリム・スタインベルト」 が開発し、その意思で遠隔及び無人による操作が可能。
グローバルフリーズでプロトドライブを失い、ベルト状態では何もできなかったクリムが、二度と失敗を繰り返すまいと作られた。「クリム・スタインベルトの分身」でもある。
あらゆる戦闘への対策がされており、通常の車両形態を除く三形態への変形が可能。基本的には速度重視のタイプスピードの形態であることが多く、ピットにもこの状態で格納されている。
表向きは泊進ノ介が使用する警察車両だが、ロイミュードとの戦闘時は左前輪のカバーが収納され剥き出しになり、仮面ライダードライブの変身、タイヤコウカンの元となる「タイヤ」を具現化し、これを射出する。
全ての形態で、後部にシフトカーを装填し、対応したタイヤをライドロンのホイール外側に具現化する「タイヤフエール」を行い、タイヤに応じた能力強化、武装追加が可能。
その他、ドライブの必殺技「スピードロップ」「フレアドロップ」時は壁として使用され、トライドロンの持つ六輪から一斉にタイヤを具現化し、一斉に放つ「オールタイヤアタック」などがある。

玩具は、左前輪のカバーが外れた「戦闘形態」で再現されています。
劇中モデルと比べると、ノーズが長く、全体的に少しずんぐり。
変形ギミック重視だから、こんなもんなのかな。


トライドロン04-07
ノーマル/バック/フロント/リアビュー。
後部の浮いたホイールはリアウイングのつもりなのでしょうが、シフトカー装填の都合で中心がごっそり抜けていることもあり、とてもそうは見えません。
むしろ…ハンマー背負ってると言われた方が納得できそう。


トライドロン08-11
サイド/トップ/ボトムビュー。
それでも直線的な角度で見ると、ちゃんとスポーツカーに見えるから不思議ですね。

この形態で出来ることといえば、ホイールによるコロ走行遊びくらいですが…ボーイズトイ恒例の「スポーク部分の回らないホイール」なので、これだけの大きさをあんな薄いタイヤで支えられるわけもないのでタイヤはうまく回らず、どちらかというと「コロ走行」というよりは「スライドさせてるだけ」になってしまいます。
運が良ければ一輪回ってるかなーという程度。グリップのしっかりした絨毯などでやれば話は別ですが、フローリングでやろうものなら摩擦の餌食でしかない。
車玩具としては、ちょっと致命的すぎるんしゃないかなーと…。


トライドロン12
運転席アップ。
変形や戦い方を考えると、操縦席…というのが正しいのでしょうか。


トライドロン13
ルーフを上げることで、運転席が出現。
後述のドライブ収納ギミックのためか、劇中とは異なり、一人用のシートとなっています。


トライドロン14

トライドロン15
ハンドルとシートだけしかないという、すごくシンプルな造形。
十分ですけどね。


トライドロン16
それと、今回のレビューでは度々ルーフを外していますが、別パーツ構成とはいえルーフを外すことが前提で作られているわけではないので、自分から無理矢理外すようなことはもってのほかです。
先駆者様のレビューでは全くと言っていいほど語られていませんし、中にはあたかも「外すこと前提」のように語られている物もありましたが、不可抗力で外れてしまった時など以外は、決して分離させないようにしてください
運が悪いと普通に壊れます

(僕自身も、実はちょっと壊してしまいました。レビューや遊ぶのに支障はないのですが…)


トライドロン17
運転席には、「TK-01 仮面ライダードライブ タイプスピード」を乗せることができます。
ただ…これ若干ネタバレになりますが、正直これ以外ほとんど乗らない…w


トライドロン18
乗せて上から。
シートの位置が遠いので、シートに背中を付けようと思えばハンドルに手が届かなくなります。
まあ、細かい事は言いっこなしですね。ボーイズトイですからね。


トライドロン19
ハンドル周りアップ。
しっかりと握れるのはポイント高いですね。


トライドロン19t
そしてこちらは、サウンドギミックの解説。
本体下部にボタン電池(LR44)を二個装填することで、赤丸のスイッチをo側へ
すると「ガシュン、グワァン! 『ライドオン! トライドロン!』」という起動音が鳴ります。

※音声ファイルは、クリックで別窓再生されますが、機種によっては自動で本体に保存されてしまうものもあります。ご注意ください

音声ファイル → トライドロン 起動音

また、今回はレビュー開始時からタイプスピードでしたが、後述の変形ギミックによってタイプスピードに戻した場合、タイプスピードの変形完了音が鳴ります。

音声ファイル → トライドロン スピード変形完了音


トライドロン20
青いマルで囲ったスイッチを押すことで、順番に三種類の走行音が鳴ります。

音声ファイル → トライドロン タイプスピード走行音三種


長押しすると『トライドロン!シュート!』という音声の後、数回の射撃音が発動。

音声ファイル → トライドロンシュート音

赤いマルで囲ったスイッチは、シフトカーの装填を認識する部分です。


トライドロン21
ここにシフトカーが装填されることで『タイヤフエール!』の音声と共に、タイヤを装着する音が鳴ります。

一度タイヤフエールを行うと、サウンドボタンを通常押しでも長押しでも『GO!トライドロン!』の音声の後に、ドライブタイプスピードの変身音をバックに、ドリフト音→走行音→突撃音→爆発音と続く、必殺技サウンドがなります。

音声ファイル → タイヤフエール→トライドロンタイプスピード必殺音


一度鳴らすと、あとは通常に戻り、走行音やトライドロンシュートを楽しめます。
逆に言えば、必殺技を鳴らすためには毎回「タイヤフエール」をしないといけませんが。


トライドロン22
ちなみに、TKドライブと比べると、これくらい。
TKドライブが1/12サイズなのに対し、トライドロンは1/13サイズなので、実はスケールはあってないんですよね。
とは言え、トライドロンは玩具化に応じてかなりアレンジされているので、むしろトライドロンが大きく見えます。


トライドロン23
一番の原因は、玩具化によってトライドロンが「一人用」になってしまった事でしょうね。
それだけでも倍近く大きく見えてしまいます。フォーミュラーカーじゃないんだから…ってね。


トライドロン23h
ちなみに、ドライブを乗せてルーフを閉じるとこんな感じ。
スモーククリアでうっすら見える程度なので、時々乗せてる事すら忘れたりしますw


トライドロン24
トライドロン25
さて、ではトライドロンをタイプワイルドへ変形させましょう。
まず、本体後部のロックパーツを跳ね上げます。


トライドロン26-29

トライドロン30
写真のようにして、トライドロンは三つの部品に分割することができます。
こいつらを差し替えて変形。
…とはいえ、ワイルドでは操縦席部分だけ分離して、トライドロンの前後は分割しないです。

ちなみに分割の際、操縦席ユニットのサウンド機構から、トライドロンのコアが外れる音が鳴ります

音声ファイル → トライドロン コア分離音


トライドロン32
まずは前面パーツ。


トライドロン33-36

トライドロン37
ホイール部分を軸ごと回転させて、180度ひっくり返します。


トライドロン38
トライドロンの本体パーツをひっくり返します。
…なんか、こういう「どんでん返しで二形態の車になるぜ!」みたいなホビー、十年ちかい前にコミックボンボンで見た気がします。
小型のミニカーでバッテリーの上に乗せて10秒ほどチャージ、コースを走らせて弾き合う…。何だったかなぁ…。
対潜方式がダンガンレーサーに似てたのは覚えているんですが…。

まあ、そんなことはどうでもいいか。


トライドロン39
トライドロン40
反転したボディの上から、操縦席をドッキングして、本体から『タイプ・ワイルド!』の音声が鳴れば、変形完了!

音声ファイル → トライドロン タイプワイルド変形完了音


トライドロン41
・トライドロン(タイプワイルド)
オフロードカーを模した、文字通り「ワイルド」な外見の、トライドロン第二形態。
高い馬力から繰り出す突進など、近接戦闘を得意とする。
初登場時はドライブがタイプワイルドにフォームチェンジし、それに合わせるような形で変形した。

玩具化に合わせて一番しわ寄せを感じたのがこの形態。
申し訳ないけど、どうしても「オフロードカー」には見えません。
馬力のあるパワータイプなのは解りますが…。といった具合。


トライドロン41-44
ノーマル/バック/フロント/リアビュー。
ホイール四つの厳つい顔は、個人的に結構好み。


トライドロン45-48
サイド/トップ/ボトムビュー。
劇中ではフルCGだからか、全長が短めに描写されていますが、実際はほとんど「タイプスピード裏返しただけ」なので、全長は変わらず。
それでも、四輪のホイールによる前面のインパクトやら、裏返すことによってフロントウイングがまんまリアウイングになったりと、そのアイディアには驚かされます。


トライドロン49
この形態で出来ることと言えば、せいぜい先述した「コロ走行っぽい遊び」くらいです。
それでも、接地するタイヤが大きくなった分、少しはマシになりましたが…。
あとは…スピード時のロックパーツを立てると、微妙に本体が上に持ち上がりますが…これも特筆するほどではないですね。


トライドロン50
サウンドスイッチを押すと、荒れた道を進むような効果音がなりますが、スピードとは異なり一種類のみ。
長押しで「トライドロン!ボンバー!」の音声と共に、爆発音が三回分くらい鳴ります。
流石ボンバー。

音声ファイル → トライドロン タイプワイルド走行+ボンバー音



トライドロン51
シフトカー装填によってタイヤフエールが可能。これに関してはタイプによる違いはありません。
が、必殺技の『GO!トライドロン!』の音声後の効果音が変化します。
ドライブタイプワイルドの変身音をバックに、走行音→突撃音→爆発音と続くものに。
余談ですが、トライドロンの玩具はドライブタイプワイルド、タイプテクニックの登場よりも早く発売され、この仕様によって若干ネタバレされてた感がありました。


トライドロン52
最後はタイプテクニック。
またしても、トライドロンを三分割します。


トライドロン53-56
後方パーツを分離後、ホイールが全て地面に付くようにして再度合体、前後の向きを変えます。


トライドロン57-60
そして、操縦席の下部から、アームを引き出します。


トライドロン61-64
上からみた図。
二重ヒンジ構造なっているため、引き出しながら前においやる感じ、とでもいいますか。


トライドロン65
その後、操縦席とボディフレームのジョイントを合わせ(青いマルで囲った奴です)、ドッキングします。


トライドロン66
『タイプ・テクニック!』の音声がなり、合体完了!

音声ファイル → トライドロン タイプテクニック変形完了音



トライドロン67
・トライドロン(タイプテクニック)
特殊作業車を模した、トライドロンの第三形態。
前方にせり出した二本のアームを駆使し、戦闘以外にも様々な場面で活躍できる。
初登場時はドライブタイプテクニックの登場に合わせて変形。基本的にはサポートに徹するが、他の形態同様に、ドライブが搭乗することもある。
オールタイヤアタックを披露したのは、現状では第一話のドライブを除き、この形態のみ。

正直、玩具としての魅力を一番感じるのは、この形態ですね。
足のないロボットと取る事もできますし、劇中でも「ライドマシン」というより「サポートメカ」という描写が強く、更にさまざまな使い方をされているので、子供受けは一番良さそうです。
(今週の放送でみせた「変形ギミックを生かしてライドクラッサーを強制的に合体解除させた」場面とかすごくかっこよかったですしね!)


トライドロン67-70
ノーマル/バック/フロント/リアビュー。
ギミックの都合上薄いとはいえ、アームのインパクトがすごい。


トライドロン71-74
サイド/トップ/ボトムビュー。
見れば見るほどベツモノですね。ボトムが一番これまでに近いかと。


トライドロン77-80
テクニックの最大の特徴は、何といってもこのアーム可動。
二重ヒンジのおかげでかなり自由に遊べます。
…が、劇中では先端が三叉だったのに対し、玩具では普通に一本なのがちょっと残念。
それらしいモールドはあるのですが…まあ中途半端に分けるよりは、この方がかっこいいんでしょうけどね。


トライドロン79
サウンドスイッチを押すと、アームが動くような効果音がなります。こちらもワイルドよろしく一種類のみ。
長押しで「トライドロン!スマッシュ!」の音声と共に、ギア駆動音からのアーム可動、最後は爆発音が鳴ります。腕をグッと引いて殴るようなイメージですかね。

音声ファイル → トライドロン タイプテクニックアーム可動+スマッシュ音


トライドロン80
この形態でも、シフトカー装填によって「タイヤフエール」からの必殺技は可能。
やはりタイプテクニックの変身音をバックに、様々な機械音の後に爆発音がなります。

音声ファイル → トライドロン タイプテクニック必殺

ただ、タイヤフエールの際、テクニックではコアが剥き出しになる分、シフトカーの後部を支えるものが何もないので注意。
写真ではスタンドを使用していますが、そうでないと下に落ちます。


トライドロン81
ちなみに、コア単体でも音声ギミックは作動します。
通常押しではコアの離陸音と着陸音、長押しすると、劇中でベルトさんが変形の掛け声にしている「ドロン!トライドロン!」が鳴ります。


トライドロン82
また、コア単体ではシフトカーを装填しても「タイヤフエール!」とならず。タイヤが空回りするような音が鳴るのみとなり、その後の音声にも変化はないです。

音声ファイル → トライドロン コア離陸→着陸→ドロントライドロン→シフトカー空回り音

空回り音は、劇中で「パッションの足りない状態でタイプワイルドになろうとし、シフトブレスが稼働しなかった時」に使用されたもの…のようです。
共通エラー音みたいなもの…でしょうかねぇ。


…さて、ここからは付属品を紹介します。
先にシフトカーかな。


トライドロン83
・ミッドナイトシャドー
シフトカーと呼ばれるドライブの強化ツールの一つ。自らの意思を持ち、それぞれが単体で行動できる。
ミッドナイトシャドーは、その中でも隠密性に勝れ、追跡や監視などに役立っている。
ドライブのシフトブレスに装填されることで、トライドロン左前輪に「ミッドナイトシャドータイヤ」が出現、射出され、ドライブはこれを装備する。
単体ではボディから手裏剣状のエネルギーを発し、これを発射して敵を攻撃。自身が分身して多方向から一斉に手裏剣を放つことも可能。
「シャドー」の名が示すように、その力は闇に身を潜める「忍者」を模したものかと思われる。

玩具的には「マックスフレア」「ファンキースパイク」と並び、ドライブの初期武装、及び代表武装の一つ。
実は劇中でのシフトカー単体での登場も、最も多い方だったりします。
カラフルコマーシャル登場以前は、追跡と監視はほぼシャドーの専門扱いでしたので…w

…そういえば、僕がちゃんとシフトカーを紹介するのは初めてなのか。


トライドロン83-86
ノーマル/バック/フロント/リアビュー。
楔帷子を模した全体のモールドや、闇の中に差す光! といった具合の配色、実車ではありえないほど細いフロントガラスなど、いい意味で非常にフィクションチックなデザインだと思います。


トライドロン87-90
サイド/トップ/ボトムビュー。
タイプスピード関連のシフトカーは、ノーズの長さでスポーツカーを意識させるデザインになっています。
逆に言うと、デザインが定まってしまっているためか、こういった「抽象的な能力を持つシフトカー」が多いですね。
炎、棘、忍者、ギャンブル、空間歪曲…。マトモなのはジャスティスハンターくらいじゃないでしょうかw


トライドロン91
後部を回転させて、シフトモードへ。


トライドロン92
シフトカーシリーズの名義があるので、別売りの「DXドライブドライバー」付属のシフトブレスに対応しております。
が、今回ドライブドライバーのレビューを行っていないので、そちらのギミックに関しては割愛。
…動画じゃなければできなくはないし、一応やっとこうかな…。


トライドロン93
そしてこちらは、シャドーのタイヤ。
ただし、これは梱包状態です。


トライドロン94
トライドロン95
四隅に折りたたまれた歯を展開することで、ようやく完成します。


トライドロン96
・ミッドナイトシャドータイヤ
ドライブが、腕のシフトブレスにシフトカー「ミッドナイトシャドー」を装填することで、トライドロンの左前輪から出現するタイヤ。
タイヤコウカンの際は、出現後に射出され、既存のタイヤと入れ替わって武装される。
その際、両腕から巨大な手裏剣を模したエネルギー体が具現化し、投げつけて攻撃できるようになる。
シフトアップを行う事で、一定時間のみドライブ自身を六体まで分身させることが可能。
タイヤフエールでは、同じく手裏剣型エネルギー体を発射するためのツールとして具現化。タイヤそのものが手裏剣のように飛んでいくこともある。

…正直、歯を展開するギミックのせいで、歯が劇中と比べてかなり小さくなってしまっているのが非常に残念です。
そんな描写は今のところ劇中皆無ですし…なんでそんな可動ギミックなんか付けたのか。全く意味不明です。


トライドロン105
ちなみに、劇中基準で作られている「タイヤスイング」のシャドーと比較すると、こんな感じ。
タイヤ自体はスイングの方が小さいのですが、歯はスイングが倍近くあるという奇妙な事に。


トライドロン97
ホイール部には今まで通り「MIDNIGHT SHADOW」の文字が刻まれています。
ギミックの都合上とても細かい文字ですが。


もちろん、このタイヤはTKシリーズと連動します。
『タイヤコウカァーン!』

トライドロン98

トライドロン99

トライドロン100

トライドロン101
『ミッナーイ! シャドォーゥ!』


トライドロン102-103
換装状態。
せっかくのクリアパーツですが、TKドライプのタイヤの軸が黒いこともあり、あまり見栄えは良くないです。
でもまあ、劇中でもあんまり目立たない配色なので、それは気にならないんです。
気になるのはやはり、歯が小さいこと…。


トライドロン104
回転させるとこんな感じ。
回しやすいのですが…やっぱり歯が…


トライドロン106
せっかくなので、スイングを使って技再現。


トライドロン107
何にせよ、これでレギュラーのタイヤ四つが揃いました。
こうしてみるとそれぞれ方向性が全く異なるので、なかなか面白いですね。


トライドロン108

トライドロン109
そして、トライドロンのホイールの外側には、このタイヤを装着することができます。
…が、TKドライブの軸と同じものではないので、ここに装着するとタイヤは回りませんし、割とすぐポロっと取れます。


トライドロン112
フレア、スパイク、シャドーを装着し、第二話での初使用時を再現。
劇中ほどタイヤが大きくないのでイマイチ…。


トライドロン122
様々なパーツを使用して、『GO!トライドロン!』
…ちょっと無理があったか。


トライドロン110-vert
トライドロン発売時点で揃っていたタイヤを全て装着。
…尤も、すぐにこの数を大きく上回ってしまうのでアレですけれども。


トライドロン124
オマケ。
TKドライブが乗るということで、他にも同じサイズのものが乗るのではないかと、ACを乗せてみた例。
他にも色々とのるのですが、こういうのは遊び幅があって言いですよね!


トライドロン123
フィリップ「へぇ、なかなかいい車だね」

正太郎「…よし、今日からこいつの名は、"ハードボイルドロン"だ!」

進之介「あの、勝手に変な名前付けないでくれませんか?」


脚本家つながりで、アーツのダブルと。
ダブルはスーツデザインがシンプルな分、全くストレスなく乗せられます。


トライドロン124f
バン「こんな改造車、どう考えても警察の車じゃねぇだろ!」

進之介「いや、アンタがそれを言うか…」 


…余談ですが、劇中のトライドロンは「ウインカーが無い」「ウイングがデカい」「そもそも車体がデカい」など様々な理由で法律的に公道を走れず、走行シーンはほぼすべて、東映の私有地にて行われています。
中には公道を走っている描写もありますが、そのすべてがフルCG。
その他、ごくまれにミニチュアが使用されていることもあります。
ちなみにデカレッドの愛機であるパトストライカーはフルミニチュアで、それとは別に、公道を走るための「マシンドーベル」というものがありましたが、あれは実車のリカラーだったので許可が降りたそうです。
だからといってトライドロンを実車リカラー品にしてしまったら、それは単なるトランスフォーマーですし、ドラマパートの長いライダーは戦隊よりも変身前での使用が多く、合体してロボになるわけでもないので、別で用意すると玩具が売れないと判断され、結局私有地のみ走行、公道は合成という結論になったのでしょう。
…製作業界もいろいろ大変ですねぇ…。


トライドロン125
そんなデカレッドを搭乗。
デカレンジャーロボは合体後もコックピットがバラバラだったので、何気に「デカレッドが単独でハンドルを握っているシーン」は多かったですし、どことなく懐かしいような気もします。


トライドロン126
一年前のライダー大型玩具「DXスイカアームズ」と。
アプローチの仕方が全く異なるとはいえ、「三形態に変形」「アクションフィギュアシリーズに対応」など、方向性は「パワーダイザー」以来あまり変わっていないような気もします。


トライドロン127
去年がオーバーヘッドキックだったので、今年も大型同士の合体技を期待したMOVIE大戦。
トライドロンにライドオンして滅多切りとか機体したのですが…今回はトライドロンが、スペースマシンに変形しましたね。
玩具で再現できない事をサラっとすんじゃねぇよと思いましたが、よく考えたら去年もほとんど無理矢理再現してましたね。


トライドロン129
同じくMOVIE対戦にて、初めて使用された「フレアスピードロップ」を再現。
普通にスピードロップを再現しようと思ったのですが、よく考えたらTKタイプスピードのトップ画にしてたので、今回はこっちを選びました。
スピードロップの際はトライドロンは遠隔操作でしたが、フレアでは霧子がトライドロンを操縦。
フレアを使っている分、ベルトさんに遠隔操作の余裕がなかったのかもしれませんね。


――以上、「三段変形 DX トライドロン」でした。

毎年恒例となったライダー大型玩具ですが、今回は7000円と値段も強気の設定、発売時期も二~三話の中間で、少しアブノーマルな感じでリリースされましたね。
三段変形の他に、今回は20種類もの異なる音声を内蔵、アクションフィギュアだけでなく変身アイテムにも直接連動していたりと、なかなか気合いの入ったアイテムです。
大きさも歴代最大級で、なかなかインパクトがあります。
なりきり関連も付属し、トライドロンを買わないとシャドーには変身できなかったりするのも面白い。今まで大型玩具になりきりアイテムが付属したことはなかったですしね。
その分、メモリガジェットから続くサポートメカ系がなくなりましたが、シフトカーに自我がある以上キャラカブっちゃいますから気にはなりません。

しかし…値上がりの分の遊び幅が増えたかと聞かれれば…正直微妙。
同じ三段変形で音声付きなら、バイクの付いてきたパワーダイザーの方が安い上に面白かったし、アクションフィギュアに対応とか言いながら、どの形態でもルーフの中にしまうだけですし、そもそも乗れるのがタイプスピードぐらいしかないのはどうかと思います。
シフトカーとの連動なんて、ぶっちゃけスイッチ一個余分に付けただけで、個別認識があるわけではないし。
タイヤフエールに関してはトライドロン本体のホイールよりタイヤが小さくてもう、武装じゃなくて「オマケ」にしか見えなかったり。
なにより、せっかくの車玩具なのに「コロガシ走行が上手くできない」のは痛いですね。大きさの問題もあるでしょうが、どうせならホイールをダミーにして、下にコロ走行用の滑車を付けたほうが良かったような気もします。


~評価~
・見た目(総合) ☆☆☆☆
・可動範囲 ☆☆
・変形機能 ☆☆☆☆
・合体機能 ☆☆☆
・自重耐久度 ☆☆☆☆☆
・価格 ☆
・サウンド ☆☆☆☆☆
・付属品充実性 ――
・他との連動性 ☆☆☆☆☆
・プレイバリュー ☆☆☆

・総合評価 ☆☆☆☆


総じていえば、「遊び幅は広く空きにくいが、作りこみは甘い上に割高」といったところでしょうか。
正直、定価はもう1000円安くてもいい気がします。
(事実、あまり売り上げが良くないのか、早い時期から値下げが目立ちましたしね)
シフトカーとタイヤの付属で2000円くらい盛ってるんじゃないか? という印象。
とはいえ、その分ボリュームは満点なので、決して悪い玩具ではないんですがね。


トライドロン130
さて、次回は最近発売された、こいつを紹介予定です!
こうご期待!




…ふぅ。
今回はビュー画像を大目に取った分、写真枚数が150近くあったので、非常に長くなってしまいました。
撮影合わせて、主用時間は…およそ七時間くらいでしょうか。
ここまで付き合ってくださった皆様、ご閲覧ありがとうございました。


さて、今日はこれにて。
次回の更新は…明日明後日と終日バイト漬けになりそうなので、早くても金曜日かな。


ではまた。あでゅ~
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


この日のコメント


コメント入力フォーム












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

狗衣やなせ

Author:狗衣やなせ
友よ! 私は帰ってきたァ!!

わんこ、サード、わたゆ等と呼ばれます。
アニメとか特撮とかロボとかプラモとか大好きな玩具廃人の大学二年生。
紹介するのは戦隊&ライダー玩具からプラモ、その他アニメ系のほか、これからはガチャ&食玩なども含めて幅広くやっていく予定です。

バンダイ\(^-^)/バンザイ


最近のレビュー

最近行った玩具レビューの紹介コーナーです。画像クリックでジャンプします。

figma長門バナー
figma 長門

【艦隊これくしょん -艦これ-】
ハルヴァードのバナー
RM-01 ハルヴァード

【玩具オリジナル改造品】

UFOマルバナー
オトモ忍シリーズ弐 UFOマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
パオンマルバナー
オトモ忍シリーズ壱 パオンマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
忍者一番刀 バナー
変身忍刀 忍者一番刀

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナー3
DXシュリケン合体シュリケンジン(後編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナーぬ
DXシュリケン合体シュリケンジン(前編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
トライドロン バナー
三段変形DXトライドロン

【仮面ライダードライブ】
ハイパーレッシャテイオー144ばな
烈車合体シリーズ総まとめ

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー2
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(前編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
TK01ドライブS ばなー
TK-01 仮面ライダードライブ タイプスピード

【仮面ライダードライブ】
7817p.jpg
トッキュウレッシャーSP ステルスレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー 特別編】
アカレンジャーバナー
S.H.Figuarts アカレンジャー

【秘密戦隊ゴレンジャー】
その他レッシャーバナー
烈車合体シリーズ 番外編

【烈車戦隊トッキュウジャー】
figma百江なぎさバナー
figma 百江なぎさ

【劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語】
サファリガオー バナー
DX 烈車合体サファリガオー

【烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS!】
超超トッキュウダイオーバナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ビルドダイオー バナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(前編)
【烈車戦隊トッキュウジャー】
しまかぜバナー
figma 島風

【艦隊これくしょん 艦これ】
ねんどろいど 小毬バナー
ねんどろいど 神北小毬

【リトルバスターズ! Refrein】
figma西住みほバナー
figma 西住みほ

【ガールズ&パンツァー】
ポリス&ファイヤーレッシャーばなー
トッキュウレッシャー09 ポリスレッシャー
トッキュウレッシャー10 ファイヤーレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー】


カテゴリー一覧


バナー画像

相互リンク大歓迎!もちろんフリーです! 
↓こちら↓
双葉夏希01ブログバナー


リンクさせてもらってます

リンクさせてもらってる各種ブログ(サイト)。
囲われた部分はそこの分類といいますか。そんなかんじです。

このブログをリンクに追加する


日別観覧者数


QRコード

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。