ぶろぐ背景20140519 no
わんころ玩具堂! 「神輿だワッショイ!」
日々玩具に囲まれて生きる、特撮などのヒーローが大好きな一人の男のブログ。週二~毎日、自由気ままに更新中!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





「神輿だワッショイ!」

どうも、わんこです。
さーて、今日はシュリケンジンのレビューを致します。
内容が長いため、前後編に分けてご紹介。
今回は、各オトモ忍からシュリケンジンまでです。




シュリケンジン01
ザ・召喚! だれじゃ!だれじゃ!? だーれだれじゃ!!

バンダイより、現在放映中の「手裏剣戦隊ニンニンジャー」のロボ玩具、「DX シュリケン合体 シュリケンジン」がリリース。
定価:なし(オープン価格。相場はだいたい6500~8500円代)  発売日:2015年2月14日(土)

何気に、「合体」の文字の前後に同じ単語が来るロボット玩具は、長いロボ玩具歴史の中でも初めてなんだとか。

↓↓



シュリケンジン02
パッケージ。
歴代の一号ロボよろしく「やや右下からの全身アングル」の裏に、青と赤のセパレーションカラーが映えていて、これだけでも非常に見ごたえがあります。
ちなみに今回紹介するのは通常版。
このほかに、キ、シロ、モモニンジャー専用の忍シュリケン(ブレード)が付属する「初回限定版」があります。
そちらはパッケージの一部にに金の箔押しがされ、「モードごとの合体音が鳴り響く!!」の煽り文句の上に「初回限定」を示すシールが張られておりました。
が、僕が買った日(ニンニンジャー放映開始日)には既に、店頭には通常版しかありませんでした。

というのも、例のイスラム国による日本人殺害事件の際、テレビ朝日が戦隊放送枠に特番を組んでしまい、放映スケジュールがまるごと一週間遅れる、という事件が発生しまして。
その分ニンニンジャーの放映も遅れたのですが、玩具の発売は元のスケジュール通りに進行。
結果、「ニンニンジャースタート玩具は放映一週間前から解禁」という特例事態が発生しました。

このため、初回限定版を購入できた層が、玩具情報に詳しい人、定期的に玩具屋を覗いている人が大部分を占めてしまい、メーカーが本来ターゲットとしていた「テレビ放映に合わせて玩具を欲しがる子供たち」にはあまり行き渡らず、辛い結果となったわけです。

憶測ですが、イスラムによる緊急特番の際、知人の東映関係者や役者のツイッター等でも動揺が見られたので、僕は朝日の独断だったと推測しております。
…まあ、だからと言って東映の肩を持つわけではありません。東映だってその気になれば、玩具展開を遅らせてもらえるように進言できなくも無かったはずですからねぇ…。

ちなみに、こんな事をつらつら言っている僕自身はというと、金銭面の工面に失敗し、もともと今月に入るまで購入する気は無く、初回限定版は諦めていました。
まあ、先駆者様方は初回限定版をレビューしていらっしゃいますし、気になりましたら詳しくはそちらをご参照ください。
…って、それでいいのか僕。


シュリケンジン03
背面。
中間形態としてロボ以外の形態を持つロボは過去に何作かありましたが、どちらも合体後という「同等の存在」として紹介されるロボは珍しい。


シュリケンジン08
開封状態。
何ぶんパーツが多いので、ご覧の通り、かなりごちゃごちゃしています。
初回限定盤にはこの上から白い箱が入っており、その中に三種のブレードが入っていたそうですが…これに入ってたのか?って疑うくらいパンパンです。
最初は各パーツにビニールの袋がかけられていますが、分かりにくいので一度剥ぎました。


シュリケンジン09
包材は、セロテープで注意書きが張られています。
俗称「赤字書き」。私が決めた今決めた。
去年のハイパーレッシャテイオーであんなことがあったので、今回からはこういうのもしっかり乗せておこうと思います。
僕の訴えなんて恐ろしく地味ですが、これで未来の玩具が少しでも報われれば…ってね。


シュリケンジン10
そしてこれが、CMで話題の「ザ・チラシ」。
チラシのコード(写真では伏せてあります)をウェブに登録するとポイントがたまり、そのポイントを消費して、キャンペーンに応募する…というもの。
早い話、「妖怪メダランド」のスーパー戦隊版、と言った具合でしょうか。

ちなみに、現在ポイントで手に入るのは、東京にあるホテルの宿泊券か、メンバー五人の名乗り音声が収録された忍シュリケンとなっています。
が…ほら、アレですよ。
そもそも、若者役者の登竜門と言われるスーパー戦隊。一年を通して役者自身が成長し、それを見届けるのも醍醐味の一つなわけです。
(僕の個人的価値観を言うと、役者自身が出す本物の「成長」が、物語におけるキャラクターの「成長」と重なるからこそ、そのフィナーレは輝かしい物になっていると思います)
そんな、後の成長を控えた役者が、初期に撮った名乗り声ということは…。
…うん、みなまで言うまい。
アカニンジャーが風邪気味っぽいとか、シロニンジャーが棒とか、皆まで言うまい。

早い話、僕は今回の物に応募するくらいなら、後の商品のためにポイントを残しておくべきだと思います。

尤も、「シュリケンジンも買った!忍者一番刀も買った!なりきりもロボも集めるぜ!」って方や、「とりあえずニンニンジャーの玩具は全て揃えたい!」という方、「初々しい名乗り…だがそれがいい!」という方であれば、話は別ですが。


シュリケンジン11
さて、前置きが長くなりましたが、いよいよ本題と行きましょう。
まずは「オトモ忍シュリケン(コア)」。
頭部と、「機」の文字がありますが、これは発光しません。
というのも、現状リリースされている忍シュリケンの中で、発光しないのはこいつだけなので…。


シュリケンジン12
背面。
中央にサウンドスイッチがあり、押すことで以下の六種類の音声が順繰りに再生されます。

・ガシュッ、ピキィン!「オトモ忍シュリケン!」
・「シノビマル!」
・「ドラゴマル!」
・「ダンプマル!」
・「ワンマル!」
・「ビュンマル!」


【音声ファイル】 → オトモ忍シュリケン六種


…この声、告知映像で聞いたときはてっきり「置鮎竜太郎」氏かと思い、中の人つながりでMMRファイヤーロボとか掘り出そうとしました。
が、よく聞くとなんか違うなーと思って調べた結果、「Qさま!!」やら「ザ・イロモネア」、「間ジャニの仕分け∞」などのナレーションで知られる「垂木勉」さんだとか。特撮界ではジェットマンのナレーションとして知られています。
僕自身、実はジェットマンを初めて見た時に「このナレーション置鮎氏か?」と勘違いしていて、その逆を味わい、なんか懐かしい気分。
よく聞けば別人ですが、意識してないと似てますよね、あのお二人。


シュリケンジン14
しかしこのオトモ忍シュリケンコア、光らないとはいえ、その分様々なギミックが隠されています。
丁度ロックシードと同じくらいの大きさですが、なりきり連動やロボ合体用のジョイントが計三つある上に、シュリケンジンの二モード合体に対応した認識スイッチが二種類あり、結構な詰め込み具合。
これで発光なんてしたらむしろ驚きます。


シュリケンジン13
そしてこちらが、付属の忍シュリケン用ブレード。
バチ魂バットに見えるという意見も多いですが、僕は世代がダイレクトだった事もあり、ベイブレードの部品にしか見えません。
あ、メタルファイトの方ではなく、普通のベイブレードです。
ドランザーが相棒だったな…まだ押入れを掘り出せばでてくるかもしれません(笑)

シュリケンジン頭部用にアカとアオが付属しますが、先述のように初回限定版では残り三人の分も付属します。
ロボ形態では要らないのかなと思っていたら、必殺技の際に五種のブレードが具現化する描写があり、その再現のために付属させたのかなと思ったり。
やはり、初回限定を逃したのは、ちょっと惜しい…。

全体が軟質パーツで成型されており、当たっても痛くないように…というよりは、投げて遊んでも壊れないようになっています。
劇中ではバンバン投げて攻撃していましたが、子供が投げるには少し大きめかな。
ちなみに、ロボ頭部を構成する都合から、なりきり玩具に付属するシュリケンブレードとは少し異なる形状をしています。


シュリケンジンM01
ブレードの凸とコアの凹を合わせて合体、その後ロックスイッチを押しながらブレードを少し回転させることで、オトモ忍手裏剣が完成。


シュリケンジン16
・オトモ忍シュリケン(アカ)
第一話より登場。巨大化した妖怪カマイタチに対抗すべく、彼方から飛来した忍シュリケン。
忍者一番刀にセットして「呼」ボタンを押し、回転させることで「オトモ忍シノビマル」を召喚する。
他の四体のオトモ忍が揃った状態でもう一度回転させると、オトモ忍たちを「シュリケンジン」へと合体させる。その際、このシュリケンと同じ形をした巨大なシュリケンが頭部を形成する。

ロボの顔がそのまま中心にあったりと、なかなか面白いデザイン。
個人的には好みですが、「小型のキーアイテム」として子供が持つには少し大きいかなとも思います。


シュリケンジン17
背面。
この状態でも音声に変化はなく、赤いブレードでも「ドラゴマル!」とか言います。
ちなみに電源スイッチはないので注意。


シュリケンジン18
ブレードを付け替えることで、オトモ忍シュリケン(アオ)にすることも可能。


シュリケンジン19
背面。
頭部を形成する都合上、四隅が少しによっていて、裏から見ると「シュリケン」と言い張るのは無理があるかな…。

さて、ここからが本番。
いよいよオトモ忍の紹介です。


シュリケンジン20
・オトモ忍シノビマル
第一話より登場。アカニンジャーによって召喚され、ビルの内部から壁が反転して現れる。
人体であることを生かした戦い方を得意とし、素早い動きで敵を翻弄させる。
合体時は胸部、もしくは左腕を構成。合体シーケンスでは、その司令塔の役割を担う。

合体以外の変形パターンを持たない、純粋な人型ロボが合体する戦隊ロボは、オリジナルのある「風雷丸(ゴーカイ版)」を除けば「マジフェニックス」以来。
ですが、シノビマルはニパターンの合体を担うためか、玩具で見ると「とりあえず人型とわかる程度」の造形なのが少し寂しいかな。
せっかくなのでもう少し人型らしかったら良かったのですが…さすがにそれは傲慢ですかね。


シュリケンジン20-tile 

シュリケンジン24-tile
様々な角度で。
何というか、人型ロボというよりは、大きめのレンジャーキーみたいな印象を受けます。


シュリケンジン29
可動範囲。
ひじは90度で固定ですが、腕そのものが軟質パーツになっていて、肩は90度ごとに固定されるようクリックが入っています。
頭部は回転し、膝も曲げることが可能。


シュリケンジン28
正座。
こうすると拳パーツが剥き出しになってしまうのは、さすがに残念ですね。


シュリケンジン30
・オトモ忍ドラゴマル
第一話より登場。アオニンジャーによって召喚され、竜の絵が書かれた巨大な凧が変化して現れる。
口から火を噴いて攻撃する。メンバー唯一の航空戦力。
合体時は左腕と武器、もしくは胸部と羽と尻尾を構成する。

オリジナルの存在する「マジドラゴン(ゴーカイ版)」を除けば、ドラゴンモチーフは「龍折神」以来でしょうか。
玩具的には「武器担当」の立ち位置で、武器や羽と尻尾を形成するため、二モード変形の肝であるとも言えます。
しかし…体系はどちらかというと「怪獣っぽい」ので、古き良き東宝特撮の怪獣たち(ゴジラ、キングドラ、ガイガンなど)を彷彿とさせます。


シュリケンジン30-tile

シュリケンジン34-tile
様々な角度から。
合体後の特徴を担う分、羽と尻尾がかなり大きめに造形されています。
それがまた玩具らしくて良い。


シュリケンジン38
可動範囲ですが、両腕と両足が可動します。
ただし両足は左右で繋がれているのと、本体のバランスなどから、ポージングは限られます。
…というか…龍モチーフなのになんでアゴが動かないんだ…?


シュリケンジン39-5
シノビマルをライドオンして、合体開始バンクを再現。
…しようと思いましたが、上手く立たせることができないので、こんな感じになりました。
シノビマルの腕を広げられないのもちょっと残念。


シュリケンジン40
・オトモ忍ダンプマル
第一話より登場。キニンジャーによって召喚され、片道三車線の道路が反転し、地中から現れる。
力強い走りで突撃したり、後部のアームで撒菱(まきびし)を投げつける事もできる。
合体時は胸部と右腕を構成。

純粋なダンプカーといえば、ボウケンジャーの「ゴーゴーダンプ」以来ですね。
玩具的な事を言えば「新幹線より大きなダンプカー」なのですが、劇中では乗用車の何倍もの大きさで描写されていたので、そういった細かい事は気にしない方向で行きましょう。


シュリケンジン40-tile

シュリケンジン44-tile
様々な角度で。
ダンプカーというモチーフとはいえ、少し箱っぽさが強めに出ているのはちょっと微妙ですね。
トロッコがモチーフと言われても納得出来てしまいそうだ…。


シュリケンジン49
変形の副産物とはいえ、劇中通りに後部のアームが可動します。
もちろん、撒菱は付属しません。


シュリケンジン62
劇中通り、荷台にシノビマルを乗せることが可能。


シュリケンジン50
・オトモ忍ワンマル
第一話より登場。シロニンジャーによって召喚され、ビュンマルの後方車両から現れる。
犬の姿をしているが、単体での明確な活躍は…今のところはない。
合体時は左腕の一部を構成。

狼は数あれど、完全な「犬モチーフ」の合体メカって初めてじゃないでしょうか。
脚部格納ギミックにより、全体的に胴長になっています。


シュリケンジン50-tile

シュリケンジン54-tile
様々な角度から。
シロニンジャーからは「かわいい」と言われていますが、玩具化されるとちょっと微妙。
とくに正面からは見ると、少し怖い…w


シュリケンジン58
ドラゴマルとは違い、こちらは口が空きます。
咥えているクナイパーツは別造形ではありますが、ネジで固定されており、着脱不可。


シュリケンジン60

シュリケンジン59
その他主な可動範囲として、足、首が動きます。
ただし足は前後どちらも左右で繋がっていて、いずれも基部のみ。


シュリケンジン63
合体バンクでシノビマルを引っ張っていますが、そんな手綱は付属しないので、とりあえず横座りさせてみる。


シュリケンジン64
・オトモ忍ビュンマル
第一話より登場。モモニンジャーによって召喚され、リニアモーターカーが衣を脱ぎ捨てるかのように変化する。
電磁力を利用することで、場所や重力を無視した超高速走行が可能。更に先端車両からは無数の手裏剣を発射する。
合体時は下半身のほとんどを構成。

前年の「烈車戦隊」で、ついに登場しなかった「リニアモーターカー」がモチーフ。
非常に長い。長いです。


シュリケンジン64-tile

シュリケンジン68-tile
様々な角度から。
これだけ全長が長いと、角度によって見え方が異なってくるから面白いですね。


シュリケンジン72

シュリケンジン74
後部車両の空洞には、足を収納したワンマルを搭乗させられます。
ただし頭部は剥き出しになるので、「中からワンマルが顔を出すシーン」は再現できませんが。


シュリケンジン75
試しに、ワンマルを前にしてみた例。
ワンマルライナー! みたいな。


さて、いよいよ合体に入ります!
シュリケン合体!!


シュリケンジンM02
まずはビュンマルの両端を、下に向けて閉じます。


シュリケンジン80-tile
その後、両端の先頭を上に持ち上げます。


シュリケンジン87
ワンマルの脚部を格納。


シュリケンジン88-tile
頭部を上に持ち上げ、ビュンマルの空洞に合わせてはめ込みます。


シュリケンジン92
これで下半身が完成。


シュリケンジン93-tile
続いてダンプマルの変形。
アームを展開したのち、本体を前後で分割、後方に移動した屋根パーツを畳みます。


シュリケンジン97-tile
前部パーツのタイヤを、それぞれ内側に格納。
これにより、片側から拳パーツが出現します。


シュリケンジンM04
拳パーツを回転して、空洞を正面へ。


シュリケンジン105
後部左側の八角柱のジョイントに合わせて、前部を今一度合体します。


シュリケンジン106
こんな感じ。


シュリケンジン107
この下にあるレールに、ビュンマルの下半身をスライドしてセットします。


シュリケンジンM06
真横から見ると、こんな感じ。
後方から前方へとスライドすることで、ロックされます。


シュリケンジン112
ここまでの流れで、胴体と両足、右腕が完成しました。
二モードに合体するとは言え、ここまではどちらでも同じです。


シュリケンジン113
続いて、ドラゴマル。


シュリケンジン114
後部から羽と尻尾を外します。


シュリケンジン115

シュリケンジン116
羽を繋ぎ合わせて、シールドにします。


シュリケンジン117-tile
ドラゴマルの両腕を上に持ち上げ、本体を直線状にした後、裏返して本体の左側面に合体させます。


シュリケンジン122

シュリケンジン123
ドラゴマル脚部を外側に回転させると、同時に拳が出現。


シュリケンジン124
外側に出てきたドラゴマル脚部に、羽で作ったシールドを合体させます。


シュリケンジン125
このように。


シュリケンジン126

シュリケンジン127
ドラゴマルの尻尾は、拳に通すことで剣として持たせます。


シュリケンジン128
最後はシノビマル。
膝と腰を直角にし、空気椅子状態にします。


シュリケンジン131

シュリケンジン132
そのまま、胸部に座らせます。


シュリケンジンM05
その後、一度シノビマルの腕を持ち上げてから、ダンプマル側の取っ手を内側に向け、その下にシノビマルの拳が来るようにします。
反対側も同じように。


シュリケンジン138
全体図。
この、パワーローダー感が、たまりません。


シュリケンジン139-horz

シュリケンジン141
オトモ忍シュリケンのブレードはアカにして、頭部を起こし、ジョイントを合わせて頭部にドッキング。


シュリケンジン142
すると、シュリケン側から音声が発動。
「ソイヤッ!ソイヤッ! ワッショイニンジャ! ソイヤッ!ソイヤッ! ワッショイニンジャ! シュリケンジン!!」の音声の後、デデドンドン、と続きます。

【音声ファイル】 → シュリケンジン合体


完成! シュリケンジン!!


シュリケンジン143
・シュリケンジン
第一話より登場。五体のオトモ忍が合体し、巨大なロボットとなった姿。
両腕の剣と盾て戦う他、胸部からシノビマルを分離させることも可能。
必殺技は、大型化した五色のシュリケンブレードと共に、敵を切り裂く「シュリケンジン・天晴斬り」。
また、空中戦などに特化した第二の姿を持つ。

「胸部にまんま人型ロボ」「頭部になりきりアイテム(しかも剥き出し)」「盾は腕につけるだけ」という、今までのロボとは異端を成す戦隊一号ロボとなりました。
神輿(みこし)がモチーフであることから、随所に金の装飾やら、提灯の装飾やらがあり、非常に派手です。
が、メインカラーを黒と金に置くことで、和風でシックな見た目を確立。
一体で戦隊最終ロボ並の風格を誇ります。


シュリケンジン143-tile 

シュリケンジン147-tile
様々な角度で。
やはり…無敵将軍と並べてみたい風格。


シュリケンジン151  
上半身アップ。
胸部がそれなりに気になりますが、なんというかこう、「これはこういうものなんだ」という事を納得させられる、独特の存在感があるように思えます。


シュリケンジン152
下半身アップ。
若干左側のほうが盛られているとはいえ、左右のバランスは取れていていい感じ。


シュリケンジン154
可動範囲紹介。
まずは戦隊ロボ恒例、両肩がぐるりんと回転します。


シュリケンジン155-156

シュリケンジン157
ドラゴの変形ギミックを生かせば、シールドを正面に向けることが可能。
…ですが、手には持たせられないシールドなので、正面に向けようと思うとこれが精いっぱいとなります。
何気に戦隊ロボで、手に持てないシールドって珍しいですね。


シュリケンジン157-158

シュリケンジン160
右腕には、ダンプの変形ギミックにより、拳を外側に回転させることができます。
これにより、剣を外側に向けることが可能。
しかし、残念ながら拳パーツの回転はこの90度だけなので、剣を顔の前に構えたりはできません。
どうせなら去年のように、360度ぐるっと回転できるようにすれば良かったのに。


シュリケンジン161-162

シュリケンジン163
また、ドラゴのボディを曲げるギミックにより、若干ゴリ押しですが、腕を外側に開いたように見せることも可能です。


シュリケンジン164
続いて下半身。
ビュンマルの可動範囲の都合上、足を大きく開いたバレェのようなポーズが可能です。


シュリケンジン165-horz

シュリケンジン167
更に、ドラゴの合体ギミックの都合で、膝が90度、足の付け根が360度回せます。
これにより、太ももロール以外のほとんどが可能となり、非常に可動範囲が広くなりました。
「この動き…プテラゴードンの再来か!?」
つってね。

ただもちろん、これだけ足を開けば、立地も悪くなるのが世の相場ってモノです。
なので、この事は解説書には書いてありません。
再現の際は転倒、それによる破損や部品の喪失にはくれぐれも注意してください。

シュリケンジン168
斬撃シーンを再現。
戦隊のDXロボで、ここまで再現度の高いポージングの出来る日が来ようとは…。


シュリケンジン169
必殺バンクでは剣を真横に構える描写がありますが、先述したように再現は不可。
…が、拳を外側に向け、逆手持ちにすればそれらしくなります。
放て必殺! 天晴斬り!!


シュリケンジン170
オマケ。
シュリケンジン状態で忍シュリケンの音声スイッチを押すと、「シュリケンジン!」→デデドンドン♪と、合体後の音声がもう一度なります。
それと、先述したように、頭部にはシュリケンがまるっとドッキングしているため、なりきり用のジョイントが剥き出しになっています。
帽子を被っているようにも見えたり。


シュリケンジン171
このジョイントのおかげで、なんとシュリケンジンは逆立ちが出来ます。
ちなみに帽子だけで自立しているわけではなく、ドラゴマルの頭も役立っています。
わりかし安定はしますが…もちろん解説書にはないので、破損等は自己責任でやってみて下さい。


シュリケンジン172
「シュリケンジン! ヘッドスピンスラッシュ!!」
この状態で飾っても問題なさそうです。
しかし…なんというか、アフロダンサーズという玩具を思い出しますね。



では、今回はこれにて。
しかしまだまだレビューは続きますよ…!

シュリケンジンバナー2


スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


この日のコメント

うわぁぁぁああああ!コメントありがとうございますぅぅうううう!!
(↑久々のコメントに興奮を抑えられない)

お役に立てて光悦至極です!
つ、続きを楽しみにって…そんなこと言われたら全速力で書きたくなるってモノです! お役に立てるよう、次回も頑張ります!

忍者一番刀…も、そのうち買おうとは思っています。
が、とりあえずシュリケンジンのレビューを完成させてからにしようかなぁと。
ハマりすぎてレビュー記事の作成が手に付かなくといけないので…(汗)
【2015/03/07 22:45】 URL | 狗衣やなせ(わんこ) #-[ 編集]

レビューお待ちしておりました!
年中次男が、じいじに買ってもらう玩具の検討を始める時期なので~。
本人は忍者一番刀といっているのですが、振り回してうるさいだけのような気がして、是非今回はロボにしてほしいとハハは思っていたところなので・・・。
次男にとって、自分の初めてのロボはトッキュウオーなので、ロボの面白さがいまいち分かっていないのかもしれません。
ゴーカイオー&豪獣神(今では若干パーツが足りなそうな感じ)では長男が結構遊んでいた記憶があるので、わんこさんのレビュー参考にちょっと薦めてみようかと思っています。
じいじに会うのは春休みなので、それまでに続きもお待ちしております!
【2015/03/07 11:21】 URL | こうま #-[ 編集]


コメント入力フォーム












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

狗衣やなせ

Author:狗衣やなせ
友よ! 私は帰ってきたァ!!

わんこ、サード、わたゆ等と呼ばれます。
アニメとか特撮とかロボとかプラモとか大好きな玩具廃人の大学二年生。
紹介するのは戦隊&ライダー玩具からプラモ、その他アニメ系のほか、これからはガチャ&食玩なども含めて幅広くやっていく予定です。

バンダイ\(^-^)/バンザイ


最近のレビュー

最近行った玩具レビューの紹介コーナーです。画像クリックでジャンプします。

figma長門バナー
figma 長門

【艦隊これくしょん -艦これ-】
ハルヴァードのバナー
RM-01 ハルヴァード

【玩具オリジナル改造品】

UFOマルバナー
オトモ忍シリーズ弐 UFOマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
パオンマルバナー
オトモ忍シリーズ壱 パオンマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
忍者一番刀 バナー
変身忍刀 忍者一番刀

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナー3
DXシュリケン合体シュリケンジン(後編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナーぬ
DXシュリケン合体シュリケンジン(前編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
トライドロン バナー
三段変形DXトライドロン

【仮面ライダードライブ】
ハイパーレッシャテイオー144ばな
烈車合体シリーズ総まとめ

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー2
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(前編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
TK01ドライブS ばなー
TK-01 仮面ライダードライブ タイプスピード

【仮面ライダードライブ】
7817p.jpg
トッキュウレッシャーSP ステルスレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー 特別編】
アカレンジャーバナー
S.H.Figuarts アカレンジャー

【秘密戦隊ゴレンジャー】
その他レッシャーバナー
烈車合体シリーズ 番外編

【烈車戦隊トッキュウジャー】
figma百江なぎさバナー
figma 百江なぎさ

【劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語】
サファリガオー バナー
DX 烈車合体サファリガオー

【烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS!】
超超トッキュウダイオーバナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ビルドダイオー バナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(前編)
【烈車戦隊トッキュウジャー】
しまかぜバナー
figma 島風

【艦隊これくしょん 艦これ】
ねんどろいど 小毬バナー
ねんどろいど 神北小毬

【リトルバスターズ! Refrein】
figma西住みほバナー
figma 西住みほ

【ガールズ&パンツァー】
ポリス&ファイヤーレッシャーばなー
トッキュウレッシャー09 ポリスレッシャー
トッキュウレッシャー10 ファイヤーレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー】


カテゴリー一覧


バナー画像

相互リンク大歓迎!もちろんフリーです! 
↓こちら↓
双葉夏希01ブログバナー


リンクさせてもらってます

リンクさせてもらってる各種ブログ(サイト)。
囲われた部分はそこの分類といいますか。そんなかんじです。

このブログをリンクに追加する


日別観覧者数


QRコード

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。