ぶろぐ背景20140519 no
わんころ玩具堂! あ、そういえば……
日々玩具に囲まれて生きる、特撮などのヒーローが大好きな一人の男のブログ。週二~毎日、自由気ままに更新中!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





あ、そういえば……

ぐっどもーにぶにんぐーん!

そういえば、年末年始のいろいろなことが忙しくて、ここのところ小説を載せてなかったよ。

というわけで、下段から描きます。今回は前に話した新作の、とりあえず文章にしたものを載せます。


新学期の始まりを春と定めたのは何処の誰だろうか。もしそいつが俺の前に現れたら一発でいいから殴ってやりたい。
なんせ、そのおかげで俺は吹き荒れる桜吹雪に視界を奪われながら一人坂道を下るハメになったんだ。ただでさえ角度が急なこの坂道をなれない足取りで進んでいるのに、桜吹雪に時々視界を奪われ、つんのめりかける。早い話が、長い間都会に住んでいた俺には厳しい状況なのだ。少しくらいそいつを憎んだっていいだろ? ……まったく、殴ってやりたいよ。
さて。
俺は後ろを振り返った。……もうあと半分ほどで、俺の目的地に到着する。海鶯南高校というところだ。

今から少し、前の話だ。
理由も分からないまま、靴の中に画鋲を入れられたり、ノートを燃やされたり、ペン類全てを折られたり。中学三年生として学校に来ていた俺は、同級生からそんなことをほぼ毎日のように仕打ちとして受けていた。同級生が俺にしたことはとてもではないが、からかいとか、そんな類の生易しい物ではなかったのだと、今でも思う。
最初はとても不思議に思った。なぜ俺がこんな目に合うのだろうか、と。
性格に普遍的な違いがあったわけでもなく、……そう、普通。ただ普通に暮らしていただけなのだ。俺自身に問題はないはずだ、と。
だからだろう。俺は最初、そんな同級生達に対して苛立ちや憎しみを抱いていた。絶対に仕返ししてやる。こいつらを見返してやる、と。現にやり返しをした事もあった。
だが俺は、そんな日々を繰り返すうちに自然と悟った。人は、誰かを傷つけることで希望を見出す生き物なのだ、と。その中心が、たまたま俺に抜擢されただけなのだ、と。
以来俺は、それらに関するどんなことにも苛立ちを覚えなくなった。これが人間の心理だということを理解したからだ。画鋲を踏んで、土踏まずの痛みに耐え続ける日があっても仕方がない。ノートを燃やされ、成績がガクッと落ちたことも仕方がない。シャーペンを折られ、学期末テストを受けることすら拒まれても仕方がない――――。早い話が、俺は人間とやらを救いようのない愚かな生命体だと思い込んでしまったのだ。
それからだろうか。こんなにも哀れで醜い生命体が、なぜかこの世界を凌駕しているのだろうと考えたのは。人類のような生命体によって管理されている世界が、完璧に動いているわけがないと考えたのは。
そうして、いつしか俺は、こんな生物が地球を支配している世界そのものにすら絶望していた。
そう考えたからか。俺の日々から「楽しい」という言葉は音も立てずに消えていった。何もかもを当たり前として受け入れてしまい、ただ生きているだけの地獄。例え自殺しようとしても、俺自信の本能的な恐怖によって阻まれてしまう。俺はいつまで、こんな世界を生きていればいいのだろうか。ついにはそんなことを考えるようにもなっていた。
中学を卒業するまでは、俺はそんな倦怠感を抱きながら毎日を送っていた。

 現在とこの話との間には、まだまた別のエピソードがあるのだが、今述べるのはこれくらいにしておこう。

現在、四月十日。
俺は今日から高校生だ。
何とか受かった海鶯南高校への道のりの遠さに俺は半分倦怠感を覚えつつも、まあ一月もしたらなれるだろうと、ひとりでせっせと桜並木の坂道を下っている。……よく考えたら、帰りはこの距離を上るんだよな。バスの定期券くらいは用意しておいたほうがよかったかもしれない。
とにかくそんな坂道を、桜がこんなに早くから散り始めていた。この調子では下校時にはどうなっているのやらと俺に心配させるような勢いで降り注ぐ雨のような桜の花吹雪(桜吹雪とでもいうのか?)の中で、俺はひたすらに歩く。冒頭のように、とにかく勢いが激しいため、たまに視界がおかしくなるのだが……。入学式早々から怪我をするとか、そんなようなことはぜひとも避けたいなぁ、まったく。



どや?
冒頭からええ感じやろ? これ思いついたときには自分、天才やろと思うたんやで?
もう俺自分の才能を疑ったわさ。あとは文章にするしかないと……

こほん。
えーっと、このお話のメインコンセプトは、「人間を嫌う少年と人間を好む人造人間が織り成す、非現実的バトルファンタジー(人情話風味)」ですので、冒頭から暗ーい主人公です。
ってか、ぶっちゃけこの主人公、半分は俺の実体験なんだけどねwwww
俺は自分の小説のキャラがどうしても自分に近くなってしまうので……仕方ないっす。


さて。そういえば俺の昔の小説データが見つかったので、PIXIVにうPっときました。
詳しくはコチラ→クリックしてジャンプ!


ではでは、コメント返信もクソもないので、今日はこれまで。

ご観覧ありがとうございました。涼門奈羅吟の次回記事にご期待下さい。
スポンサーサイト





この日のコメント

小説頑張ってるなー。
ストーリーの書き出しからつまずいてる僕って面白い。

年賀状届いたぜー。
普通にニヤニヤさせてもらった。
僕のは届いたかね?
【2011/01/04 20:44】 URL | RAiN #p6CkwyQg[ 編集]


コメント入力フォーム












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

狗衣やなせ

Author:狗衣やなせ
友よ! 私は帰ってきたァ!!

わんこ、サード、わたゆ等と呼ばれます。
アニメとか特撮とかロボとかプラモとか大好きな玩具廃人の大学二年生。
紹介するのは戦隊&ライダー玩具からプラモ、その他アニメ系のほか、これからはガチャ&食玩なども含めて幅広くやっていく予定です。

バンダイ\(^-^)/バンザイ


最近のレビュー

最近行った玩具レビューの紹介コーナーです。画像クリックでジャンプします。

figma長門バナー
figma 長門

【艦隊これくしょん -艦これ-】
ハルヴァードのバナー
RM-01 ハルヴァード

【玩具オリジナル改造品】

UFOマルバナー
オトモ忍シリーズ弐 UFOマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
パオンマルバナー
オトモ忍シリーズ壱 パオンマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
忍者一番刀 バナー
変身忍刀 忍者一番刀

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナー3
DXシュリケン合体シュリケンジン(後編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナーぬ
DXシュリケン合体シュリケンジン(前編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
トライドロン バナー
三段変形DXトライドロン

【仮面ライダードライブ】
ハイパーレッシャテイオー144ばな
烈車合体シリーズ総まとめ

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー2
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(前編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
TK01ドライブS ばなー
TK-01 仮面ライダードライブ タイプスピード

【仮面ライダードライブ】
7817p.jpg
トッキュウレッシャーSP ステルスレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー 特別編】
アカレンジャーバナー
S.H.Figuarts アカレンジャー

【秘密戦隊ゴレンジャー】
その他レッシャーバナー
烈車合体シリーズ 番外編

【烈車戦隊トッキュウジャー】
figma百江なぎさバナー
figma 百江なぎさ

【劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語】
サファリガオー バナー
DX 烈車合体サファリガオー

【烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS!】
超超トッキュウダイオーバナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ビルドダイオー バナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(前編)
【烈車戦隊トッキュウジャー】
しまかぜバナー
figma 島風

【艦隊これくしょん 艦これ】
ねんどろいど 小毬バナー
ねんどろいど 神北小毬

【リトルバスターズ! Refrein】
figma西住みほバナー
figma 西住みほ

【ガールズ&パンツァー】
ポリス&ファイヤーレッシャーばなー
トッキュウレッシャー09 ポリスレッシャー
トッキュウレッシャー10 ファイヤーレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー】


カテゴリー一覧


バナー画像

相互リンク大歓迎!もちろんフリーです! 
↓こちら↓
双葉夏希01ブログバナー


リンクさせてもらってます

リンクさせてもらってる各種ブログ(サイト)。
囲われた部分はそこの分類といいますか。そんなかんじです。

このブログをリンクに追加する


日別観覧者数


QRコード

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。