ぶろぐ背景20140519 no
わんころ玩具堂! ・食玩レビュー全般
日々玩具に囲まれて生きる、特撮などのヒーローが大好きな一人の男のブログ。週二~毎日、自由気ままに更新中!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





しゃーうたーかーたにー

みなさん、こちゃ。
昨日は何か……すいませんねぇ、お見苦しい物をお見せして。
うーん、あえて公開するのもまた一興か。


さて、今日は「ムゲンライトニング」の三回目レビュー、いきまっせ!

ゲンブ ロイド ①
「サンダーゲンブ」「サンダーロイド」
左側の「サンダーゲンブ」は前回と同じスタンバイモードだけど、「サンダーロイド」はこれがスタンバイモードに位置する「ビクテスモード」となっています。何故か「サンダーロイド」だけモードの処理が違うのです……。

ゲンブ ロイド ②
それぞれをパーツ単位で分離。
赤のボールペンは仕切りです。


ではまず左側の「サンダーゲンブ」から紹介しますね。
やり方は第一回第二回を参照(クリックすれば飛べます)。
サンダーゲンブ ①
配置
サンダーゲンブ ②
合体
サンダーゲンブ ③
「サンダーゲンブ」
食玩ムゲンバインではきわめて稀&エヴォルバイン最初で最後(?)の亀タイプ。
甲羅から伸びたカタパルトラダー状の砲身が特徴的な、四神のくせに武器を持つムゲンバイン。
まあ、ただの亀だとニーズひくいからねぇ……。
ちなみに、甲羅のおうど色っぽい○は模様ではありません。光の反射で写った、俺の部屋のライトです。

サンダーゲンブ ④
頭部と四足は基部で、砲身は角度と傾きを自由自在にそれぞれ可動。
しかし、ベースが亀なだけあって、かっこよさを重視したポージングは難しい……。


さらに、前回同様に「アームズモード」へと変形合体!
ゲンブホウ①
ゲンブホウ②

ゲンブホウ③
「サンダーゲンブ」(アームズモード)
亀タイプがまさかの砲台に変形。何気に、個人的に一番のお気に入りだったりします。
付けた名前は「ゲンブホウ」


続いて、「サンダーロイド」の紹介。こちらも、他の四体とは少し異なります。
サンダーロイド①
サンダーロイド②

配置して合体するのは一緒。ここから、一部のパーツが変形します。
サンダーロイド③
胸部のハッチを開いて、ロイドの顔を起こします。
この動作を行うと、反対にビクテスモードの頭部は体内に収納されます。
……ガオゴリラからガオマッスルへの合体を思い出す……。
サンダーロイド④
頭部を変形させたら、ハッチを閉じて武器を持たせれば合体完了!

サンダーロイド⑤
「サンダーロイド」
食玩ムゲンバインでは序盤のみ&エヴォルバイン最初で最後(?)の人型タイプ。
こんな風にしたから、多分「スタンバイモード」への変形が無くなったんでしょうね。まさに例外作。
まあ個人的には人型タイプも好きなので、特に不満な点はないですけどね。

サンダーロイド⑥
手足にはジョイントが設けられていて、人型としての最低限の可動はします。
折角肘が曲がるんだから、その軸を回るようにしてほしかったな……。


アームズモードがない代わり、新たな形態「コアモード」へと変形合体します。
コアサンダ①ー
この配置で変形合体!

コアサンダー②
「サンダーロイド」(コアモード)
本来コレが「スタンバイモード」で良いのではないかと思う、パーツが集中した形態。
いままで胴体としてしか処理されなかったパーツが前に飛び出ることで、その隠れたデザインである「龍の顔」が分かるようになりましたね。
命名は「コアサンダー」

コアサンダー③
「ゲンブホウ」の上に載せてみる。
射出っ!


今日はまあ、こんなところかな。
ちなみに後二回レビューする予定です。
次回は、五体合体である「ムゲンライトニング」と「アルティメットドラゴン」の紹介。
その次に「俺流の遊び方」「他の商品との比較&合体」をやる予定です。


さあ、お待たせしました!
23のコメントへの返信、いきまっせ!!
続きはこちらをクリック!



雷光一閃!! 

みなさん、こちゃ!
今日は食玩レビューを予定通りやりますが、なんと! 今回はもともと二回に分ける予定だった物を一回にまとめてやっちゃいたいと思います!
もともと引っ張りすぎちゃったかナーとおもったので、いっそ二回分まとめちまったらどうかと思いましてねw

かつてないほど長い記事になるけども、どうか最後までお付き合いくださいまし!



というわけで、今日も「エヴォルバイン ムゲンライトニング」のレビューをやります。
前回のを見逃したという方は→こちらをクリックしてくださいね!

マズは前回紹介できなかった「アームズモード」の紹介をします。

最初に「サンダーセイリュウ」を変形合体!
紹介方法は前回と同じように「配置→合体→完成」の順です!
詳しくは前回記事を参照の事セイリュウソウ①
パーツを上写真のように配置して……
セイリュウソウ②
合体!

セイリュウソウ③
「サンダーセイリュウ」(アームズモード)
首と尻尾が矛先となった、槍のような形状のアームズモード。
「サンダーロイド」(後日紹介予定)が装備している姿を見ると「槍」のようなのですが、単品で見るとどうしても「矢」に見えてしまうのは、多分俺だけではないはず。
先端がドリルのような形状をしているキメ細かさには相変わらず感嘆&尊敬しますね。
俺は個人的に、コレを「セイリュウソウ(青龍槍)」と呼んでいます。

ムゲンバーニング+セイリュウソウ
「エヴォルバインシリーズ」の食玩ムゲンバインの初代様「ムゲンバーニング」に装備させてみたり。
ただ持たせるだけでは何が何やらよく分からないので、よりカッコいい装備にはすこし頭を使う必要があります。
写真はそれを分かりやすくするためにあえて素で持たせてありまして、俺流の「カッコいい装備」は下のほうで紹介しておきました。



続いて「サンダービャッコ」も変形合体!
ビャッコトウ①
ビャッコトウ②

ビャッコトウ③
「サンダービャッコ」(アームズモード)
卵型から変形するとは思えないほど、正統派な剣を連想するアームズモード。
勇者の剣のような「いかにも」さが浮き出てるところがまたカッコイイのですが、どう考えても「中間」変形合体とは言いにくいほど、パーツの配置がてんでバラバラなのは少し残念。
まあでもその分、見栄えも出来も「ムゲンライトニング」の中ではトップであろうといえますね。
ちなみに、コレに俺がつけた名前は「ビャッコトウ(白虎刀)」です。

ムゲンバーニング+ビャッコトウ
セイリュウソウと同様に「ムゲンバーニング」に装備させてみる。
こちらはセイリュウソウとは違って、どちらかというとそのまま持たせた方がカッコイイですね。
若干、柄が短いのが気になりますが……。



最後に「サンダースザク」をアームズモードへ!
スザクゲン①
スザクゲン②

スザクゲン③
「サンダースザク」(アームズモード)
スザクは持ち前の大きな羽を、そのまま生かした弓形態へと変形合体します。
何気に、未紹介のゲンブをあわせた四体のなかで一番「中間」といえる形ですね。
ちなみにコレは「スザクゲン(朱雀弓)」と命名。

ムゲンバーニング+スザクゲン
こちらも「ムゲンバーニング」に装備させてみる。
完成度は高いけど、いざ何かに装備させようとすると、ほんの少し違和感があるのが分かりますよね。
ちなみに装備対象をムゲンバーニングにしたのも、色合い的な類似で見栄えよくするためです。
じつはただムゲントルネードを出すのが面倒だっただけ



さらに「ムゲンバーニング」に、アームズモードとなった三体のライトニングたちを合体!

ムゲンバーニング トリプルヴォルカニア①
名づけて「ムゲンバーニング トリプルヴォルカニア」!!
右手にビャッコトウ、左手にセイリュウソウ、背中にスザクゲンを合体しました!
ちなみに足元のミッドチルダ魔法陣は、雰囲気を出すためになんか置いてみたくなったので、ノリで配置ww

ムゲンバーニング トリプルヴォルカニア②
良く見て比べると分かるのですが、ビャッコトウの剣先が三本に別れていますね。
コレは「必殺技時」や「複数の装備合体時」など、エネルギーが体中に溜まっているときに開くという俺設定ですw
簡単に言うと、アギトのクロスホーン見たいなものですね。

ムゲンバーニング トリプルヴォルカニア③
セイリュウソウはそのままだとかっこ悪い(前述)ので、ムゲンバーニングにあらかじめついていた剣(個人的にはバーニングカリバーと呼んでいます)を逆手持ちにして、その先に合体させました。
発売当時は「裏返すとカッコ悪い」と思っていたバーニングカリバーが、まさかこんな風に役立つとは……。
もしや、バンダイは一年も前からこうなることを予測していたのか!?
……流石に考えすぎですかねw

ムゲンバーニング トリプルヴォルカニア④
スザクゲンは弓部分を裏返して、エネルギーを溜めるためのアンテナ風に合体。
前屈みになると溜まったエネルギーを前方に放射する! ……みたいな俺設定もありですかね?

更に、まだ紹介していない「サンダーゲンブ」を武装して、更にカッコ良く合体……
ムゲンヴォルカニアフォートレス ソフトネスぼかし
したものは、また後日紹介しましょう。
お楽しみはとっておくものですからね。



セイリュウ~スザク

以上、「サンダーセイリュウ」「サンダービャッコ」「サンダースザク」でした。


~感想的な何か~
ずっと応援し続けてきた「食玩ムゲンバインシリーズ」の、恐らく最終作であろう「ムゲンライトニング」。
その終幕を飾るのが伝説の「四神獣」だと知ったときは、もう感動モノでしたね。
青龍、白虎、朱雀、玄武……。
このチョイスとともに、ムゲンバインは名の通り「ムゲン」の可能性を秘めた食玩として、コアなファンによって後々まで語り継がれることになればなぁ、なんて思います。

その中で一度に紹介したこの三体。
個人的にとても思いいれのある「龍形」「虎形」「鳥形」は、やっぱり最後までカッコイイものでした。
「虎形」を個人的に良く集めていたあの頃は、食玩シリーズが新しくなるたびにきなこが鳥獣ばっかり集めるせいで、「アイツと遊ぶ時はいつも空に逃げられてたなぁー」なんて思いますね。
「鳥獣形」に対抗する飛行手段として、空中でも戦える「龍形」は憧れでした……



↓コメント返信↓
続きはこちらをクリック!



観覧者数取り戻さないとな……

みなさん、こちゃ!
最近、段々と更新が不定期になってきたあんこちゃんです……。



さて。
今日は初の体験「食玩レビュー」をはじめてみたいと思います!
今回やるのは「進化合体エヴォルバインⅢ ムゲンライトニング」のなかの三つ、
「サンダーセイリュウ」
「サンダービャッコ」
「サンダースザク」
を、紹介するぞぉ!

ムゲンライトニング1

・2010年8月より食玩版ムゲンバインをリニューアルした新シリーズを発売。今までの自由に合体させるコンセプトに、卵形態から動物や昆虫に変形させる進化変身ギミックを追加し、より自由に合体遊びができるようにしている。
オリジナルストーリーを設定しており、公式サイトではムゲンファラオやムゲンサタンら食玩版ムゲンバインの戦いが前史であったことを匂わせている。
・スタンバイモード(卵)、アームズモード(幼体)、バーニングモード(成体)へと三段進化変形し、5体合体でムゲンライトニングが、そして組み合わせでアルティメットドラゴンが完成する。かつて発売された、食玩ムゲンバイン「ムゲン四聖獣」を髣髴とさせる。

        ―――wikiより転載


左から順に、スザク、セイリュウ、ビャッコの順です。
写真は「スタンバイモード」。箱から取り出した時はこの卵型が完成した状態で入っているので、後は細かいパーツをちょちょいとつけるだけ。
ちなみにこの形態だけは「進化合体エヴァルバイン」の全シリーズ共通です。

ムゲンライトニング2

それぞれをパーツ単位で分解。
シャーペンと鉛筆は仕切り代わりです。
結構細かいので無くさないように注意!


ではまず、「サンダーセイリュウ」を紹介。

ムゲンライトニング3

分離したパーツを写真の位置に配置して、

ムゲンライトニング4

合体、完成!


ムゲンライトニング5
「サンダーセイリュウ」
「進化合体エヴォルバインⅢ ムゲンライトニング」の中でも一番全長があるけれど、可動範囲は少なめ。
食玩ムゲンバインの中でも珍しく「リュウ」をモチーフにしていて、「進化合体エヴォルバイン」シリーズでは唯一の「単体のリュウ」。エヴォルバイン以前の食玩ムゲンバインにまでさかのぼると「ムゲンスイリュウ」に最も似ている。

ムゲンライトニング6

可動範囲は、多く見積もってコレぐらい。前足は右手パーツのせいで固定されてしまっていて、自由に動くのは首、後ろ足、尻尾ぐらいです。
上の写真はアバレンジャーの「爆竜ブラキオン」をイメージしているんだけど……どっちかってーとジュウレンジャーのアレにみえるかな……?
「不器用ですけど……ブラ」



つづいて、「サンダービャッコ」の紹介。

ムゲンライトニング7
ムゲンライトニング8

セイリュウ同様、分離したパーツを写真のように配置して、合体、完成!

ムゲンライトニング9
サンダービャッコ
「ムゲンライトニング」の中で、最も多くの可動箇所があり、頭、前足、腰、後ろ足、尻尾などが可動することで様々な表情をつけることが出来ます。
エヴォルバインシリーズの中の「トラタイプ」。ほかにも「バーニングタイガー」があるけど、食玩ムゲンバインの中では「トラタイプ」はまあまあ珍しい。

ムゲンライトニング10

折角なので尻尾を使って三本脚で立たせて、更に前足でファイティングポーズ。
特に前足は二重間接なので、肘のように動かせます。
個人的にはギンガイオンの格闘シーンをイメージしたけど、顔の処理のせいか、ゲキジャガーに見える……。



そして最後に「サンダースザク」。
合体の過程は一緒なので解説なしで。
ムゲンライトニング11
ムゲンライトニング12

ムゲンライトニング13
サンダースザク
エヴォルバインシリーズの中ではほぼ当たり前な「鳥タイプ」のムゲンバイン。翼の基部と真ん中に間接があるほか、本体にもいくつかの可動箇所があります。
食玩ムゲンバインではほぼ毎回のように存在した鳥タイプの中でも、翼を除いた体部分が最も小さい。

ムゲンライトニング14

飛行ポーズを再現。イメージは「爆竜プテラノドン」なんだけど、(これも)どっちかってーとハリケンホーク?
ジェット機から姿を変えて離陸!
……はっ! いかんいかん、つい戦隊の巨大メカ(巨大生命体)で考えてしまう……。





さて、今日はここまでにしますかね。
次回はこれらの合体+他のムゲンバインとの比較+合体をメインに紹介しようかな。
あ、あとウエポンモードも紹介しないとなぁ。
それが終わってから「サンダーゲンブ」「サンダーロイド」と、五体合体の「ムゲンライトニング」「アルティメットドラゴン」を紹介しますね。



↓コメント返信↓
続きはこちらをクリック!





プロフィール

狗衣やなせ

Author:狗衣やなせ
友よ! 私は帰ってきたァ!!

わんこ、サード、わたゆ等と呼ばれます。
アニメとか特撮とかロボとかプラモとか大好きな玩具廃人の大学二年生。
紹介するのは戦隊&ライダー玩具からプラモ、その他アニメ系のほか、これからはガチャ&食玩なども含めて幅広くやっていく予定です。

バンダイ\(^-^)/バンザイ


最近のレビュー

最近行った玩具レビューの紹介コーナーです。画像クリックでジャンプします。

figma長門バナー
figma 長門

【艦隊これくしょん -艦これ-】
ハルヴァードのバナー
RM-01 ハルヴァード

【玩具オリジナル改造品】

UFOマルバナー
オトモ忍シリーズ弐 UFOマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
パオンマルバナー
オトモ忍シリーズ壱 パオンマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
忍者一番刀 バナー
変身忍刀 忍者一番刀

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナー3
DXシュリケン合体シュリケンジン(後編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナーぬ
DXシュリケン合体シュリケンジン(前編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
トライドロン バナー
三段変形DXトライドロン

【仮面ライダードライブ】
ハイパーレッシャテイオー144ばな
烈車合体シリーズ総まとめ

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー2
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(前編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
TK01ドライブS ばなー
TK-01 仮面ライダードライブ タイプスピード

【仮面ライダードライブ】
7817p.jpg
トッキュウレッシャーSP ステルスレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー 特別編】
アカレンジャーバナー
S.H.Figuarts アカレンジャー

【秘密戦隊ゴレンジャー】
その他レッシャーバナー
烈車合体シリーズ 番外編

【烈車戦隊トッキュウジャー】
figma百江なぎさバナー
figma 百江なぎさ

【劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語】
サファリガオー バナー
DX 烈車合体サファリガオー

【烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS!】
超超トッキュウダイオーバナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ビルドダイオー バナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(前編)
【烈車戦隊トッキュウジャー】
しまかぜバナー
figma 島風

【艦隊これくしょん 艦これ】
ねんどろいど 小毬バナー
ねんどろいど 神北小毬

【リトルバスターズ! Refrein】
figma西住みほバナー
figma 西住みほ

【ガールズ&パンツァー】
ポリス&ファイヤーレッシャーばなー
トッキュウレッシャー09 ポリスレッシャー
トッキュウレッシャー10 ファイヤーレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー】


カテゴリー一覧


バナー画像

相互リンク大歓迎!もちろんフリーです! 
↓こちら↓
双葉夏希01ブログバナー


リンクさせてもらってます

リンクさせてもらってる各種ブログ(サイト)。
囲われた部分はそこの分類といいますか。そんなかんじです。

このブログをリンクに追加する


日別観覧者数


QRコード

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。