ぶろぐ背景20140519 no
わんころ玩具堂! ・玩具レビュー/上記以外のスーパー戦隊シリーズ
日々玩具に囲まれて生きる、特撮などのヒーローが大好きな一人の男のブログ。週二~毎日、自由気ままに更新中!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ボーーーーー↓ウケーーーーー↑ンジャーーーー↑↑♪ GO! GO! GO! GO!

ボウケンレッド01
秘儀・いきなりどーん!

まあそういうわけで、そろそろ半月経ちそうな「S.H.Figuarts ボウケンレッド」を今日はレビューします。
アタック!


ボウケンレッド02
付属品一覧。
専用ツールであるボウケンボーとボウケンジャベリンは別で一つずつ付属。
その他、サバイブレードとサバイバスター(ホルスター装填用含む)、二形態のアクセルラーが付属します。
各種交換用の手パーツは平手の他にそれぞれの付属品用の持ち手と、劇中で印象的なゆびパッチンハンドが付属します。


ボウケンレッド03
「熱き冒険者!」
ボウケンレッド04
「ボウケンレッド!」
今回は肩のフリーアーマーが内側ある都合で胴体が少し固めの素材で出来ていて、ボウケンジャーのシャープながらも力強いスーツ感がかなり高いレベルで再現されています。流石バンダイ。
要するに、去年の同時期に発売されたS.H.Figuartsのゴーカイジャーシリーズと殆ど同じつくりになっています。
なので可動範囲もそちらに準じていますが、一年の技術の進歩があるのか、少しだけより動かしやすくなった気がします。検証はしていませんが。


ボウケンレッド05
付属品その①、サバイバスター。
赤い突起物が出ている方が、ホルスター装填用となっています。


ボウケンレッド06
「サバイバスター!」
装備。
劇中と比べてすこし大きめかな、とも思ったのですが、本体ががっしりしているので、ちょうどバランスが取れています。


ボウケンレッド07
ホルスター専用版は、右腰のホルスターの穴に、突起を押し込むようにして装備させます。
というかデフォルトはこっちなので、レビュー内の写真もほぼこちらで撮影しています。


ボウケンレッド08
本体造形は一緒なので、突起さえ気にしなければツーハンドも可能です。


ボウケンレッド09
装備品その②、サバイブレード。
サバイバスターが変形した武器、という設定ですが、別で付属。S.H.Figuartsではもういつものことというか、今更ですがね。


ボウケンレッド10
サバイブレード装備。
まあチーフはこんな風に、刃を手で研ぐようなことはしなかったんですけれども。


ボウケンレッド11
続いて、ボウケンボーとボウケンジャベリンを紹介。
こちらはアタッチメントとかで再現するのかと思っていましたが、ちゃんと別々だったのでなんか嬉しい。


ボウケンレッド12
装備。
ボーというか、要するにマジックハンドですね。劇中では邪竜からゴードムの平戦闘員(名前忘れた)などに対してさすまたのように使われていました。あとぱプレシャスの回収とか。


ボウケンレッド13
先端のアームは可動式なので、物を掴んだり出来ます。


ボウケンレッド14
続いてこちらは、ボウケンジャベリンを装備した例。
マジックハンドの先に刃が出てきただけだというのに、ちゃんと槍に見えるんだから不思議。
というか、このアイディア事態が斬新ですよね。


ボウケンレッド15
「レッドゾーンクラッシュ!」


ボウケンレッド16
勿論、一話などで見せたサバイブレードとの二刀流も可能。


ボウケンレッド17
こちらは最後にアクセルラー。
通常形態と、ハザードレベル(プレシャス有無とその危険度)の測定をする時などに仕様される「サーチモード」が付属します。


ボウケンレッド18
通常形態(コマンドモード)ではゴーゴービークルの発射シーンなどを再現できます。
マジレッドから電話が掛かってくるシーンは印象的だったなぁ。歴代バトンタッチで唯一直接会ってない方法だったから……。


ボウケンレッド19
サーチモードでプレシャス反応を確認するところ。
写真では、手元にたまたまあったSPDライセンス(S.H.Figuartsデカレッド付属)を使用しています。


ボウケンレッド20
明石「これもプレシャスか!?」
舞人「そう、その通りッ!!」

ダンボール戦記のカスタムエフェクト006で、アナライズビームを再現してみた例。
決して攻撃しているわけではありません。


ボウケンレッド21
さてこちらは、ボーナスパーツの「ボウケンスコッパー」。
アキバレンジャー第四話で、ボウケンレッドがアキバブルーに託した「大それた力」の具象物ですね。


ボウケンレッド22
アキバレッドに装備。
ブルーじゃないのは、単に持っていないからです。
まあでも本編後半から、大それた力は共有装備となりますけどね。
確か九話以降でレッドも仕様するようになります。途中でレッド交代劇がありますが。


ボウケンレッド23
なにはともあれ、ついに完全にそろった「大それた力」シリーズ。
それぞれちゃんと関係するレッドに付属ということで、本編終了から5ヶ月もかかったリリースでしたが、いざ揃うとなんというか……達成感みたいなものがありますね。


ボウケンレッド24
さらに、三つの大それた力は、一つに合体することで真の力を発揮します!
デカワッパーを分割してボウケンスコッパーのバケットを持ち上げ、ジェットウインガーを中心に合体!


ボウケンレッド25
完成!大それたキャノン!
なんと、アキバレンジャーの必殺武器である大それたキャノンをつくることが出来ます!


ボウケンレッド26
アキバレッドに装備。放て! 大それたキャノンファイヤー!
結局出番は二度しかなく、決まったのは一回だけというかわいそうな位置の大それたキャノン。
まあ、出番はあってもなんだかんだでいつも失敗する「ボルテックバズーカ」の「ブレスリフレイザー」よりはマシかもしれません。結局成功したの三回だったし。


大それたファイアー オリジナルVER
せっかくなのでオリジナル三人(デカレッド、レッドホーク、ボウケンレッド)による大それたキャノンの再現を。
写真事体は使い回しです。

以上、「S.H.Figuarts ボウケンレッド」でした。
個人的にボウケンジャーは内容も濃いし子供心くすぐるしで戦隊シリーズでもかなり好きな部類だったので、その分期待が大きかったのですが、それに答えてくれたこの商品は本当に嬉しい限りの傑作だと思います。
ただ、個体差かもしれませんが、若干首が動かしにくいのがちょっと残念です。






さて、では↓
続きはこちらをクリック!



クロス・チェンジャー!!

どうも、あんこです。

さて今日は、先月末に発売されたフィギュアーツのレッドホークをレビューしますね。




レッドホーク01
「俺達は戦士なんだ!」
フィギュアーツの中にいよいよ90年代の戦隊がラインナップされました。その中でも一番手に選ばれたのは、やはり戦隊史上最大のトレンディさをもつ「鳥人戦隊ジェットマン」の「レッドホーク」。
こんかいはそれをレビューします。


レッドホーク02
こちらは付属品一覧。
ジェットウイング、バードブラスター、ウイングガントレット、ブリンガーソードの四点が付属し、ウイングガントレットは付け替え用の羽、ブリンガーソードはホルスター収納状態が付属します。
下部の交換用手パーツは左右対称で、それぞれバードブラスター(ジェットハンドカノン)用、ブリンガーソード用、決めポーズ用、平手。デフォルトの握りこぶしとあわせて、左右五個づつあります。


レッドホーク03
「鳥人戦隊!」
レッドホーク04
「ジェットマン!!」
名乗りポーズを再現。
可動範囲は見ての通り、最近リリースされた戦隊レッド達(デカレッド等)とほぼ同じです。
ただし、肩周りの間接が見直され、スマート差がなくなって、より筋肉質な腕らしい腕に。
個人的にはこの仕様がとてもありがたいので、このままボウケンレッド、レッドバスターと受け継がれて欲しいですね。


レッドホーク05
では早速付属品紹介。
こちらはジェットマンの最大の特徴であり、共通装備でもある「ジェットウイング」。
背中のパーツと一体化しており、本体から分離して取り付ける形になっています。


レッドホーク06
装備。


レッドホーク07
やっぱりジェットマンといえばコレですね。
五人全員がもつ、飛行用の小さなつばさ。
原理はよく分かりませんが、これさえあれば飛べるというスグレモノ。
その活躍はレジェンド対戦でもひときわ目立ちますし、後にガオイエロー、アバレイエローなどにも受け継がれます。


レッドホーク08
付属品その②、ブリンガーソード。
ジェットマン共通装備の剣です。収納状態と展開状態の双方が付いてくるのは嬉しい限り。


レッドホーク09
「ブリンガー、」
レッドホーク10
「ソード!」
ノックすることでスプリングで刃先が出現し鍔が展開するシーンを再現できます。


レッドホーク11
レッドホークといえばこの剣さばき。
というか、スーツアクターの新堀さんの剣技がすごいんですよね。
現在の「戦隊レッド専用武器=剣」という暗黙の了解のルーツとなったのも、案外新堀さんのイメージが強かったからなのかも。14年間もずっとレッドやってたわけだし。


レッドホーク12
さてさて、付属品その③、バードブラスター。
ジェットマン共通装備の銃で、ブリンガーソードとの合体で必殺武器「ジェットハンドカノン」になります。
……あいかわらず、このサイズでここまで塗装するあたり、バンダイの本気って恐ろしい。


レッドホーク13
腰のホルスターから抜くシーンを再現。


レッドホーク14
あと、昭和戦隊にありがちな「開いてる片手を胸の前で握って、片手打ち」を再現してみる。
レッドホークというか、ジェットマンにはこういう構えはなかったかな……。


レッドホーク15
続いてこちらは、前述の「ジェットハンドカノン」。
ソードとブラスターとは別で付属しています。


レッドホーク16
胸の前で構える。
放送当時からジェットマンはこういった構えが目立ちましたね(パッケージピクチャもこの構えでした)。


レッドホーク17
「シュート!」
劇中とは違いますが、こんなポーズで撃ってもカッコイイかと。


レッドホーク18
最後にこちら、「ウイングガントレット」。
ジェットマン共通装備で、名前の通りガントレット状の武器となっています。


レッドホーク19
「ウイング、ガントレット!」
こちらはブリンガーソードとは反対に、共通装備ではあるもののレッドホークが使う描写は少なめでした。
女性陣は結構使ってたのになぁ。


レッドホーク20
せっかくなのでパンチのポーズ。
使う時は羽のプレートが左右に開きます。


レッドホーク21
公認戦隊レッドも、コレで四人目になりました。
いやまあ、スーパーとハイパーのシンケンレッドも足せば六人なのですが、流石にそれは同一なのでなしとして。


レッドホーク22
そしてこちらが今回のボーナスパーツ、「ジェットウインガー」。
東映の深夜特撮「非公認戦隊アキバレンジャー」にて、レッドホークが変形した「大それた力」として登場したものです。
ジェットウイングをイメージしたジェットマンカラー五色の羽が、その中心にクロスチェンジャー(エンブレムフォーメーション)を模したバックパックと一体になっています。


レッドホーク23
レッドホーク24
アキバレンジャーの背中の穴に差し込むことで、装備可能。
レビューではレッドを仕様していますが、ブルーやイエローでも可能です。


レッドホーク26
さらに羽先のグリップを握らせることもできます。


レッドホーク27
モエモエズキューンを構えて、何枚か前の写真と同じ構図で撮影。
肘先ほどまでのジェットウイングとはまた違った趣がいいですね。


レッドホーク28
余談ですが、ジェットウイングの羽にはデカワッパーを取り付けるためのジョイントがあります。
このジョイントはボウケンレッドが出そろった時、その真の意味を知ることになる……?

以上、レッドホークでした。
個人的にジェットマンは大好きで、こういった形での商品化は本当に嬉しい限り。
出来もかなり良く遊び幅もあるので、手元にあるとついいじっちゃうフィギュアですねww
ボーナスパーツのジェットウインガーの羽が一体化しているのは少しうっとうしい(というか大きすぎて収納できない)のがちょっと気になりますが、まあそれはジェットマン本体とは関係ないので良しとしましょう。



レッドホークto
次回の玩具レビューは、アニメイテッドのラグナッツ……ではなく、プライム版のこの人のボスが、地獄から復活した姿を紹介!





ふい。以上です。
では、あでゅ~




S.P.D スペシャル・ポリス・デカレンジャー!

どうも、あんこです。

さて今日は、やる気と気合があるので、「S.H.Figuarts デカレッド」のレビューをしましょう。




デカレッド01
「エマージェンシー! デカレンジャー!!」
スーパー戦隊シリーズ第28作「特捜戦隊デカレンジャー」より、デカレッドがS.H.Figuartsでリリース!


デカレッド02
セット内容。
デカレッド本体はもちろん、ディーマグナム二種、ハイブリットマグナム、SPDライセンスなどが付属。
交換用手パーツは片方計6つずつと、普段より多めです。
あとはボーナスパーツも付属しますが、それは後述。


デカレッド03
頭部+胸部アップ。
地球署のマークやSPDロゴが忠実に再現されています。


デカレッド04
相変わらず戦隊ヒーローの可動範囲はかなり広めで、あのポーズも再現可能。


デカレッド05
こちらは付属品のディーマグナム。
愛機「パトストライカー」を模した二丁拳銃で、左は「ディーマグナム01」、右は「ディーマグナム02」です。


デカレッド06
装備例。
劇中のガンアクションが再現できます。


デカレッド07
SPDライセンス。
こちらはなんと、このサイズで開閉可能です。


デカレッド09
Judgement Time!!
まあさすがに三種のモールドを再現してほしいとは思いませんでしたが、これだけでも十分楽しめますね。


デカレッド10
ライセンスとディーマグナムは腰のホルスターに装填可能。
この状態がデフォルトです。


デカレッド11
こちらは最後の付属品、ハイブリッドマグナム。
さすがにこのサイズでディーマグナムを合体させるのは強度に問題があったのか、別で付属しています。


デカレッド12
装備させてみる。
支える専用の交換用手パーツが付属するので、わりと簡単にそえられます。


デカレッド13
アングルチェンジ。
決めろ! マグナムエクスキュージョン!!



デカレッド14
さて、こちらはアキバレンジャー第二話から登場する、デカレンジャーの大いなる……じゃなくて、「大それた力」です。
名前は「デカワッパー」。デカレンジャーのベルトのバンクルに収納されている「ディーワッパー」に似ています。


デカレッド15
デカレッド16
中央のエンブレムを外して使用。さらにワッパーは開閉可能です。


デカレッド17
アキバレッドに装備。
劇中では敵の動きを封じる他、捕まえてワッパーごと投げ飛ばしたりもしました。


デカレッド18
エンブレム部の中心には空洞があるので、公式ではありませんがこんな持ち方もできます。
初登場はこっちだったかな?


以上、「S.H.Figuarts デカレッド」でした。
特に不満な点もなく、予想通りの出来だったので、特に良い点悪い点を指摘するようなものではありません。
ただ、もともとS.H.Figuartsはただけさえクオリティが高いので、デカレンジャーファンは見逃せないでしょう。





ふい。
ちなみに次回は一応「ゴーバスタービート」の予定ではありますが……まだ未定です。

では↓
続きはこちらをクリック!



ずっきゅーん!!

どうも、あんこです。

さてさて、今日は「S.H.Figuarts アキバレッド」のレビューをしますよー!



アキバレッド01
「重妄想!!」
東映なのに非公認、スーパー戦隊シリーズから外れた戦隊「非公認戦隊アキバレンジャー」より、主人公でありリーダーである「アキバレッド」がS.H.Figuartsで登場!


アキバレッド02
セット内容。
交換用マフラー、モエモエズキューーン(銃形態のみ)、そのた交換用手首がかなり付属。


アキバレッド03
本体頭部+胸部ズーム。
アキバレンジャーの特徴である、丸シルエット+髪型のデザインがうまく立体化されています。
胸部のアーマーはクリアパーツで再現、その中はメカメカしいディティールが刻まれています。


アキバレッド04
初回購入特典で、専用スタンドが付属します。
このほかブルーとイエローの物もまとめてついてくるので、結構オトク。


アキバレッド05
「非公認戦隊!」
アキバレッド06
「アキバッ、レンジャー!!」

二の腕に回転ジョイントがあるので、面白いようにポーズが決まります。
ただ、胸部の特殊な作りのせいで、重心が傾きがち。
折角スタンドもあることですし、惜しみなくスタンドを使いましょう。


アキバレッド07
付属品のモエモエズキューーン。
「ー」を二回入れるのが正しい表記、というのは余談です。

アキバレッド09
「必殺! 萌えマグナム!」「行くぜ!」
武器の付属はこれだけ。
ちなみに「行くぜ!」はズキューーンの音声です。一応言っときます。


アキバレッド08
さらに交換用マフラーも付属。
こちらは躍動感あるポージングを飾ってくれます。


アキバレッド10
「ずっきゅーーん!!」
♪デデッテレーレー! デレレデレレレッ テッテテー デデーン!♪
(変身音)

少しアングルを上に向けて、変身シーンを再現。
スタンドのステージ模様で再現率アップ!……を狙ったのですが、あんまりそんな風にはみえないなぁ……小さすぎたか。


以上、「S.H.Figuarts アキバレッド」でした。

もともと魂ネイションズでの商品化を優先的にされたデザインだけあって、その出来は見事なものに仕上がっています。
付属品が少ないのでレビューが簡単になってしまいましたが……それはそれでまあいいか(オイ
本当はネタとかもやろうと思ったのですが、まあそれは「今日の遊び」にて順次公開という形でいこうと思ったので。


アキバレッド11
ネクスト! 玩具レビュー!
アキバレンジャー第二話にも登場した、今でも人気の高い戦隊レッド「デカレッド」をレビュー!




さて、ではまた明日。
よし……課題やるか……




全ての折神の力を一つにするんだ!

どうも、あんこです。

さて、今日は一ヶ月くらいほっといたスーパーシンケンレッドのレビューをしますね。

スーパーシンケンレッド01
「スゥパァ、ディスクぅ~~!」「ディスクぅ!ディスクぅ!……(エコー)」

S.H.Figuartsから、「侍戦隊シンケンジャー」の強化レッド「スーパーシンケンレッド」が先月14日にリリースつれました。
価格はいつもどおり。


スーパーシンケンレッド02
付属品一覧。
基本的には去年の夏に紹介した「S.H.Figuarts シンケンレッド」に準じているので、可動範囲東はわざわざ解説はしません。
ショドウフォン、シンケンマル、交換用手先(一部のぞく)は同じものです。


スーパーシンケンレッド03
前回とは違い、インロウマルが付属します。
それにあわせて今回ついてくるのは「スーパーディスク」。


スーパーシンケンレッド04
インロウマルは小さいながらも開閉機能を再現。さらに秘伝ディスクの脱着が可能なので、強化変身の再現とかも出来ます。


スーパーシンケンレッド05
この紋所が目に入らぬかぁ!←違
いつも思うけど、このポーズはタイムレンジャーの「時間保護法違反で、逮捕する!」を思い出します。
現在東映チャンネルでやってるしね。


スーパーシンケンレッド06
インロウマルはシンケンマルに装着可能。
ちなみにこの時、スーパーディスクはシンケンマル側にとりつけます。


スーパーシンケンレッド07
装備例。


スーパーシンケンレッド08
さらに、モウギュウバズーカも付属します。
五人バズーカの続役が一人バズーカという、スーパー戦隊シリーズではなんともまあ奇妙な位置づけの武器。
……なんでコレがあるのに、前回の烈火大斬刀は大筒モードに変形しなかったんだろうねぇ……。


スーパーシンケンレッド09
普段は「最終奥義ディスク」を側面にセットしておきます。


スーパーシンケンレッド10
装備例。
あんまり片手では持ってなかったような気がするのは、合体モードの時の印象が強いからかな……。


スーパーシンケンレッド12
スーパーシンケンマルとの合体、「スーパーモウギュウバズーカ」も再現できます。
この時、最終奥義ディスクはインロウマルの中に。


スーパーシンケンレッド13
「外道覆滅!!」
……シンケンレッドって上腕が回らないから、両手で構えさせるのは結構面倒なんだよなぁ。


スーパーシンケンレッド14
パワーアップ前のシンケンレッドと。
基本設計は殆ど同じですね。比べてみても羽織以外は違いがわからねぇやw


スーパーシンケンレッド15
ゴーカイレッド・ゴールドモードと。
例に寄って「S.H.Figuartsゴーカイレッドに公式ゴーカイシルバーのゴールドアーマーを付けさせているだけ」なんですが、それでも気劣りしない堂々とした羽織がカッコイイ。


スーパーシンケンレッド16
「士、俺はお前が破壊者だとは思わない」
「根拠は?」
「ない。……強いて言うなら、侍のカンだ」

放送当時はかなり意表を付かれたこのタッグ。……今思えば、どちらの作品のストーリーにも繋がっていて面白かったな、あのコラボ。
……完全にでたとこ勝負だった気がするけど。


スーパーシンケンレッド17
ネクスコ!玩具レビュー!
……間違えて高速道路になってしまった。
ネクスト!玩具レビュー!
みんな大好き「ビスコッティの花の姫」を予定なう。
さて、こんどはいつのことになるやら。




では、きょうはここまで。
ご観覧ありがとみゅ。明日もあんこに期待してなぁ~。




星を清める宿命の騎士!!

ゴセイナイト01
なかなかこないなーと思っていた「魂ウェブ限定 S.H.Figuarts ゴセイナイト」がついに届きました!
送料込みで4520円もする高価商品ですが、俺の人生初の通販です。
来ないかなーとか思ってたけど、ちゃんと届いてうれしいぜっ!


ゴセイナイト02
早速開封。
関節がバシバシ決まるぜ! かっこいいぜ!
……まあ、「ナイト」故のアーマーが干渉して、他のS.H.Figuartsほどは動かないんですけどね。


ゴセイナイト03
ダイナミックレオンレイザー。
レオンレイザーは両形態別で付属し、さらにダイナミックモードも別で付属します。
レオンセルラー、バルカンヘッドを合体!
「ナイトダイナミック!」


ゴセイナイト04
ダイナミックレオンレイザーは、それを構成する三部品が別で付属するので、それを組み合わせれば二つ目のダイナミックレオンレイザーが作れます。


ゴセイナイト05
レオンレイザー二形態を同時装備!
こういった恒例の「設定に囚われない遊びかた」もできます。
「ここからは、私のターンだ!」


ゴセイナイト06
ちなみになぜこんなレビューっぽいものをやったかと言うと、そこには実はワケがあります。

これは所謂「ウェブ限定商品」なので、最低でも二ヶ月前までに注文をしておかなければ手に入らないものなんです。
なので、もしだれかが欲しくなるようなことがあったとしても、ほとんどの確率でもう手に入らないのですよ。
そんなものを正式にレビューするのはどうか、と思いまして。
さらに「だからと言って報告だけじゃつまらない」とも思い。

結果、こんなことになったのです。
一応カテゴリとしては「レビュー」になっていますがね。



では、今日はこれまで。
ご観覧ありがとみゅ。明日もあんこに期待してなぁ~!




どーんと行くよっ!

みなさん、こちゃ。
今更ながら、セットのマッシグラーがオーバースケールだと気が付いたあんこです。
いや、ダイザーが小さいんだきっと……。


さて。
今日は「S.H.Figuarts ゴーカイグリーン」の紹介をしますね。





ゴーカイグリーン01
「ゴーカイグリーン!!」
現在放送中の「海賊戦隊ゴーカイジャー」より、六人のムードメーカー「ゴーカイグリーン」がS.H.Figuartsでリリース! 
以下は引用です。

ドン・ドッゴイヤー(Don Dogoiyer) / ゴーカイグリーン
メカニック担当で、通称「ハカセ」、鎧からは「ドンさん」と呼ばれる。頭髪はパーマの金髪。ゴーカイジャーにはルカに次いで加入。ゴーカイジャーのギャグメーカー的存在だが、今ではイジられキャラとして見受けられることが多い。懸賞金は当初100ザギン、第19話時点で5000ザギン、第39話時点で5万ザギンと他のメンバーに比べて極端に少なく、ザンギャックからは取るに足らない存在として扱われている。ただ、懸賞金が無制限となったマーベラス以外のメンバーの中で、金額の跳ね上がりようが特に大きい。他のメンバーとは異なり、出自は不明だが、ジョーの話から生まれの星をザンギャックに滅ぼされたことを明言されている。一人称は「僕」。
手先の器用さを活かし、日常生活では主に料理当番を務める。通称の通り頭脳明晰で情報分析を得意とするが、良く言えば常に最悪の状況を想定する慎重派、悪く言えば気弱な臆病者であるため、マーベラスの大胆な行動には尻込みすることが多い。各メンバーだけでなく、怪人や一部の地球人からもしばしばどつかれたり蹴られたりの手酷い扱いを受けている。女性からはあまりもてない。鎧を除く5人の中で唯一、学校に通い真面目に教育を受けてきたメンバーである。
ルカには仲間になった直後から腹パンを食らっており、彼女の奔放さに振り回される事も多いが、怯えた時にはルカにすがりつくなど、頼っている節もあり、ルカの幼馴染のカインが婚約者ではないかと鎧が推測した際には動揺していた。また、鎧に対しては他の仲間が彼を認める様になってからも反発的な態度が見られ、当初は嫉妬心から自信を失ったが、現在では彼の事を理解している。
戦闘の際は主に仲間からゴーカイガンを借り、二丁拳銃を駆使して戦うが、プロレス技を使うなど他の5人よりコミカルなアクションが多く、トリッキーな戦法を得意とする。
荒川稔久によると名の由来は「ドンと来いや!」からであり、名前負けしているという設定とのこと[8]。
また、名乗りの際の彼の動きは手汗を拭く動作から来ている。
全員でひとつの戦隊に変身する際はグリーンがメインで、グリーンが不在もしくは追加戦士である場合は主にブラックの戦士を担当し、両方が存在する戦隊の場合グリーンに優先して変身する。どちらもいない場合は、ハリケンジャーではカブトライジャーに、ゲキレンジャーではゲキバイオレットに変身する。サンバルカンの場合は3人のみの戦隊であるため変身せず、ゴーカイグリーンのまま戦闘を続ける。


価格は税込で3,675円 発売日は2011年11月19日です。


ゴーカイグリーン02
可動範囲は「ゴーカイレッド」「ゴーカイブルー」と完全に同じです。
ちなみにポーズがアレなのは、ゴーカイグリーンの特徴です。


ゴーカイグリーン03
opでのポーズを意識。
付属品はどちらかというと「ゴーカイレッド」寄りで、ブルーと違って特殊装備もなく、かといって専用好漢パーツも付属しません。


ゴーカイグリーン04
それ故に、付属品として「ナビィ」がついてきます。
↓引用(wikiより)

ナビィ
ゴーカイジャーをサポートするオウム型のロボットで、元は赤き海賊団の一員。一人称は「オイラ」。
かなりのお調子者で、しばしばいい加減な言動や行動でゴーカイジャーたちを振り回す一方で、マーベラスから「鳥」呼ばわりされたり、アイムを除いたメンバーからも雑な扱いを受けているが、お互いに強い仲間意識があり、特に赤き海賊団の頃からの付き合いであるマーベラスとの絆は深い。
強い衝撃を受けることでお宝の在り処を占うお宝ナビゲート機能を装備、その内容は当たってはいるものの非常に曖昧かつ大雑把に加え、出てきた言葉(戦隊関連)の意味をスーパー戦隊にあまり詳しくない5人がまったく理解できず、結果役に立たないと言われてきたが、鎧が仲間になった事でようやく予言の意味を理解できる様になった[注 19]。他にザンギャックを感知する機能や通信機能も持っている。稀にガレオンの外に出て危険物を確保したり、縮小化した行動隊長が船内に侵入した際、単身立ち向かったりという活躍を見せることもある。


これでcvがゆかり姫だという罠。


ゴーカイグリーン05
翼と頭が可動します。


ゴーカイグリーン06
初回得点のゴーカイダリン。
というか、ブルーの物の色違いでしかありません。


ゴーカイグリーン07
本体を乗せてみる。
まあ、劇中では単体使用は一度だけなんですけどね。現状は。


ゴーカイグリーン08
ともあれ、これでS.H.Figuartsのゴーカイジャーが三人揃いました。
女性陣は入手できそうにないですが、三人でも揃っただけすごいですねぇ……。


ゴーカイグリーン09
ゴーカイブルーと武器を交換させる。
ブルーはぶっちゃけレッドがいる時点で出来たんですが、それだとちょっと劇中っぽくなかったので、グリーン発売までまってたんですね~。


ゴーカイグリーン10
ダリンもこれで三つ目。
ゴーオン後半回でみせた、マッハルコンの暴走を止める時みたいですね~。


ゴーカイグリーン11
無論、ゴールドモードも可能です。
ダイスオー再現してもなんもおもろないでっけど。




以上、「S.H.Figuarts ゴーカイグリーン」でした。
ぶっちゃけあんまり期待していなかったので、まあ予想通りの出来というか。
レッドのときは感動しましたが、なにせもう三人目ですからねぇ……。
ナビィが付いてくるのは想定外でしたが。




さて。
そういえば昨日から、年賀状の募集をしております。
まだまだ先の話ですが、欲しい人はなるたけ早めに申請お願いします。
お返事は特に気にしなくてもいいのですが、送ってくれるという優しい方は、そのミネもかいてください。
今のところ、二人だけですけどねWWW


では、コメント返信↓
続きはこちらをクリック!





プロフィール

狗衣やなせ

Author:狗衣やなせ
友よ! 私は帰ってきたァ!!

わんこ、サード、わたゆ等と呼ばれます。
アニメとか特撮とかロボとかプラモとか大好きな玩具廃人の大学二年生。
紹介するのは戦隊&ライダー玩具からプラモ、その他アニメ系のほか、これからはガチャ&食玩なども含めて幅広くやっていく予定です。

バンダイ\(^-^)/バンザイ


最近のレビュー

最近行った玩具レビューの紹介コーナーです。画像クリックでジャンプします。

figma長門バナー
figma 長門

【艦隊これくしょん -艦これ-】
ハルヴァードのバナー
RM-01 ハルヴァード

【玩具オリジナル改造品】

UFOマルバナー
オトモ忍シリーズ弐 UFOマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
パオンマルバナー
オトモ忍シリーズ壱 パオンマル

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
忍者一番刀 バナー
変身忍刀 忍者一番刀

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナー3
DXシュリケン合体シュリケンジン(後編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
シュリケンジンバナーぬ
DXシュリケン合体シュリケンジン(前編)

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】
トライドロン バナー
三段変形DXトライドロン

【仮面ライダードライブ】
ハイパーレッシャテイオー144ばな
烈車合体シリーズ総まとめ

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー2
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ハイパーレッシャテイオー バナー
DX烈車合体ハイパーレッシャテイオー(前編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
TK01ドライブS ばなー
TK-01 仮面ライダードライブ タイプスピード

【仮面ライダードライブ】
7817p.jpg
トッキュウレッシャーSP ステルスレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー 特別編】
アカレンジャーバナー
S.H.Figuarts アカレンジャー

【秘密戦隊ゴレンジャー】
その他レッシャーバナー
烈車合体シリーズ 番外編

【烈車戦隊トッキュウジャー】
figma百江なぎさバナー
figma 百江なぎさ

【劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語】
サファリガオー バナー
DX 烈車合体サファリガオー

【烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS!】
超超トッキュウダイオーバナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(後編)

【烈車戦隊トッキュウジャー】
ビルドダイオー バナー
DX 烈車合体ビルドダイオー(前編)
【烈車戦隊トッキュウジャー】
しまかぜバナー
figma 島風

【艦隊これくしょん 艦これ】
ねんどろいど 小毬バナー
ねんどろいど 神北小毬

【リトルバスターズ! Refrein】
figma西住みほバナー
figma 西住みほ

【ガールズ&パンツァー】
ポリス&ファイヤーレッシャーばなー
トッキュウレッシャー09 ポリスレッシャー
トッキュウレッシャー10 ファイヤーレッシャー

【烈車戦隊トッキュウジャー】


カテゴリー一覧


バナー画像

相互リンク大歓迎!もちろんフリーです! 
↓こちら↓
双葉夏希01ブログバナー


リンクさせてもらってます

リンクさせてもらってる各種ブログ(サイト)。
囲われた部分はそこの分類といいますか。そんなかんじです。

このブログをリンクに追加する


日別観覧者数


QRコード

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。